Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

基本機能が備わったガントチャートコントロール「GanttView for WPF」を試してみる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/14 14:00

目次

ComponentOne Studioの導入

 すでにComponentOne Studioを導入済みの場合も、アカウントでサインイン後に「ダウンロード」→「製品版」から最新のComponentOne Studioをダウンロードしてください。

製品版のダウンロード
製品版のダウンロード

 トライアル版として導入する場合は、以下のURLのフォームからトライアル版を申し込んでください。

 フォームに入力したメールアドレスにトライアル版のダウンロードアドレスが送信されるので、それを元にダウンロードを行います。

ComponentOne Studioのインストール

 ダウンロードしたZipファイルを展開し、解凍されたファイルからC1StudiosInstaller.exeをダブルクリックしてインストーラーを起動します。

インストーラーの起動
インストーラーの起動

 「ComponentOne Studioのインストール」ボタンをクリックします。

導入するプラットフォームの選択
導入するプラットフォームの選択

 導入するプラットフォームを選択します。

 今回はWPFを選択し右下の「次へ」をクリックします。各プラットフォームに赤い三角とエクスクラメーションマークのアイコンが出ている場合、すでにインストールされているコンポーネントを上書きするという警告です。新規インストール時は表示されていません。

インストールを開始する
インストールを開始する

 以下の画面が表示されれば、インストールの完了です。「完了」ボタンを押してウィンドウを閉じます。

インストールの完了
インストールの完了

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5