Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Google、機械学習モデル用API「TensorFlow Serving 1.0」をリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/08/08 17:50

 米Googleは、本番環境向けに設計された機械学習モデル用API「TensorFlow Serving 1.0」を、8月7日(現地時間)にリリースした。

 「TensorFlow Serving」は、2016年2月に公開された、機械学習モデル用APIで、機械学習ライブラリ「TensorFlow」でトレーニングしたモデルを、クライアントとの入出力に使用できる。

 公開当初の「TensorFlow Serving」は、機械学習モデルのライフサイクル管理と、推論をリクエストする機能のみであったが、その後Predict APIを利用したgRPCモデルサーバを搭載するとともに、同サーバをKubernetesに実装する方法を紹介した。

 そして、さらなる機能拡張と、APIの安定化によって、現在ではGoogleにおける800超のプロジェクトで、TensorFlow Servingが利用されている。

 今回リリースされた「TensorFlow Serving 1.0」では、SessionBundleモデルのサポートを廃止し、新たに「TensorFlow 1.0」で採用されたTensorFlowモデルをサポートする。


【関連リンク】
Google
「TensorFlow Serving」(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5