Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

ソフトウェアアーキテクチャ分析ツール「Lattix」4.8
UML/SysMLモデルの分析機能を追加

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/03/18 17:38

 テクマトリックス株式会社は、米国Lattix社が開発したソフトウェアアーキテクチャ分析ツール「Lattix 4.8」日本語版を、3月17日に国内総販売代理店として販売開始した。

 テクマトリックス株式会社は、米国Lattix社が開発したソフトウェアアーキテクチャ分析ツール「Lattix 4.8」日本語版を、3月17日に国内総販売代理店として販売開始した。テクマトリックスは国内販売のほか、日本語化やユーザサポートなどを行う。

 Lattixは、 DSM(Dependency Structure Matrix)手法によりソフトウェアのアーキテクチャを解析・可視化する、ソフトウェアアーキテクチャ分析ツール。Java、.NET、C/C++で開発されたソフトウェアなどの依存関係とアーキテクチャを可視化することができる。バージョン4.8での主な変更は以下の通り。

  • フローティングライセンスで提供可能に
  • UML/SysML分析モジュールが分析対象に追加
  • レポートの自動化など、コマンドラインモジュールの機能強化
  • SQL Server 2000をサポート
  • C/C++分析モジュールで、Understand2.0(*.udb形式)を正式サポート
  • パーティショニングアルゴリズムによる分析機能の強化
  • レポート機能の強化(循環レポート、未使用要素レポートなど)

 主な製品ラインナップとライセンス価格は以下の通り(価格は税別)。

  • Lattix Professional Edition(ノードロックライセンス) :年間598,000円
  • Lattix Professional Edition(フローティングライセンス): 年間1,500,000円/1ユーザー

 このほか「Lattix Advanced Edition」のノードロックライセンスなどがあり、価格は要問い合わせとなっている。

 
【関連リンク】
Lattix

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5