Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

迅速で小回りのきくFileMakerを使ったWebシステム構築(後編)

ITエンジニアのためのFileMaker講座 第8回(後編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/09/28 14:00

 本稿では、開発期間を短縮しつつ、小回りのきく柔軟なシステムを構築可能にする、FileMakerのインスタントWeb機能について、簡単なシ ステムのサンプルを例にとり解説しています。後編では、具体的な開発や設定の手順などを紹介します。

目次

 前編では、FileMakerのインスタントWeb公開の特徴や、インスタントWeb公開機能を利用したサンプル「簡易CRM(Customer Relationship Management)」の概要について紹介しました。後編では、開発する視点で具体的に掘り下げていきます。

開発の全体像

 まず、サンプルのシステムを立ち上げるまでの全工程(9ステップ)をリストにまとめてみました。「解説」欄に記号があるステップは別途解説をつけていますので、ぜひ実際に試してみてください。

環境・開発・準備までの作業工程リスト
環境・開発・準備までの作業工程リスト

(※注)

  • FileMaker Pro 10またはFileMaker Pro 10 Advancedを「FMP10」と表記しています。
  • FileMaker Server 10 Advancedを「FMS10A」と表記しています。
  • 顧客サポートを「CS」と表記しています。

各工程の解説

 以下、前項で紹介した各工程の要点をかいつまんで紹介します。詳しくは記事に添付されているサンプルファイルを参考に、実際に触って確認してみてください。

『A-1』SQL外部データソースの登録

 [ファイル]-[管理]-[外部データソース]を選択し、[作成]ボタンをクリックして「データソースの編集」ダイアログを表示します。タイプに[ODBC]を選択して[指定]ボタンをクリックし、登録済みのODBC一覧から目的のものを選択して[OK]ボタンを押します。

 「認証」で[ユーザ名とパスワードを指定する(すべてのユーザに適用)]を選択して、外部データソースの「ユーザ名」と「パスワード」を入力し、[OK]ボタンを2回クリックすれば、外部SQLデータソースの登録が完了します。

『A-2』SQL外部テーブルをリレーショングラフへ表示

 [ファイル]-[管理]-[データベース]を選択し、[リレーションシップ]タブを表示します。初めは、内部のテーブルしか表示されていませんので、まず外部テーブルを表示します。

 左下のボタンをクリックすると「テーブルを指定」ダイアログが表示されるので、「データソース」に目的の外部SQLデータソースを指定します。リレーションを設定したいテーブルを選択して[OK]ボタンをクリックします。ここでは、2つのテーブル「customer」「employee」を選択しました。

 テーブルの項目どうしをドラッグすると、リレーションが設定されます。2つのリレーションを設定し終えると次のようになります(分かりやすく色分けしています)。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 中村 孝仁(ナカムラ タカヒト)

    1985年頃からBasic・C言語を使ったオーダーシステムに汗を流し、1995年にユーザー志向なFileMakerと出会い、2001年にFileMakerソリューションをメインとした、パットシステムソリューションズ有限会社を代表取締役社長として、設立。 現在は、マイナー業界のオーダーシステムから、...

バックナンバー

連載:ITエンジニアのためのFileMaker講座

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5