Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

バーコードを作成するJavaクライアントアプリケーションを作る

JBarCode 2.5Jのバーコード生成機能を使う

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/08/27 14:00

 バーコードは、簡単にかつ一瞬で情報を読み取ることができる便利なツールとして、今やあらゆる産業分野で使用されています。今回は、バーコード作成機能をJavaプログラムに組み込むことができる便利なコンポーネント「JBarCode 2.5J」を使って、バーコードを生成するJavaアプリケーションを作成してみました。

目次

はじめに

 バーコードは、簡単にかつ一瞬で情報を読み取ることができる便利なツールとして、今やあらゆる産業分野で使用されています。しかも、商品や製品だけでなく、振込用紙や携帯サイトのURL表示など、生活関連情報の分野にまで広く浸透してきています。

 しかし、「このバーコードを作成するにはどうすればいいのだろう。かなり複雑なのかな?」と考えていたら、バーコード作成機能をJavaプログラムに組み込むことができる便利なコンポーネント「JBarCode 2.5J」を見つけました。

 今回は、このJBarCode 2.5Jを使ってバーコードを生成するJavaアプリケーションを作成してみました。

バーコードをイメージ画像形式で作成
バーコードをイメージ画像形式で作成
QRコードはちゃんと携帯のアプリで読み取れる
QRコードはちゃんと携帯のアプリで読み取れる
専用デザイナを使ってデザイン
専用デザイナを使ってデザイン

対象読者

  • Java、Swingコンポーネント、Eclipseを使って、Servlet・Applet・スタンドアロンアプリケーションを作ったことのある人

必要な環境

  • 32bitバージョン JavaVM、JDK 1.4.2/5.0/6.0、
  • 64bitバージョン JavaVM(Sun製Windows x64 VMのみサポート)、JDK 5.0/6.0
  • Eclipse 3.0以降

 なお、本プログラムは以下の環境で作成し動作確認を行っています。

  • Windows Vista Service Pack2
  • jdk 1.6.0_05
  • Eclipse 3.1.1

コンポーネントのインストール

 はじめてJBarCode 2.5Jを使用する方は、使用しているコンピュータにJBarCode 2.5Jをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。製品ページの[申込フォーム]をクリックし、グレープシティのWebサイトへ必要情報を登録すると、添付トライアルライセンスキーファイルとダウンロードサイトを記載したE-Mailが送られてきますので、ここからダウンロードします。ファイルはLZH形式で圧縮されており、解凍してインストーラを起動します。

 制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

サンプルコードの実行について

 本稿のサンプルアプリケーションは、次のような手順で実行可能です。

  1. サンプルファイルをEclipseのプロジェクトにインポートする
  2. プロジェクトのプロパティを開き、[Javaのビルド・パス]を選んで[ライブラリー]タブをクリックし、既に登録されている「jbarcode.jar」を削除する
  3. [外部JARの追加]ボタンを押して、サンプルファイルに同梱してある「jbarcode.jar」ファイルを選択する
  4. プロパティウィンドウを閉じて、Eclipseの実行ボタンをクリックする

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(JBarCode)
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5