Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

基幹データベースのサブシステムとしてのFileMaker

ITエンジニアのためのFileMaker講座 第10回(後編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/03/23 14:00

 本記事では、FileMakerの外部SQLソースとの連係機能(ESS)を使って、基幹システムのデータを利用したサブシステムを開発する方法を紹介します。誰にでも使いやすいFileMakerによって、エンドユーザは自分たちでもある程度の対応ができるようになり、 IT部署もより専門的な領域に専念することができます。

目次

はじめに

 「基幹システムは融通が利かないもの」。基幹システムのユーザの多くが持つ感想のようです。

 筆者もデータベース開発者ですので、「このくらいの追加は簡単でしょ?」といった要望を聞くと心中穏やかではない時もありますが(苦笑)、システムの規模が大きくなり、複雑になるほど、臨機応変な変更が難しくなることは事実です。会社の業務を支える基幹システムともなれば、安定稼働、信頼性を担保する必要があるので、簡単には触れることができなくなります。

 一方、現場では、日々、顧客、取引先から様々な要望が寄せられ、必死になってそれに対応しています。システム的な支援もなく、手作業や目視チェックを繰り返すようなことになると、現場のストレスはかなりのものになります。

 こうしたギャップを埋めるためには、基幹システムのデータを利用したサブシステムを開発することが有効です。誰にでも使いやすいFileMakerでサブシステムを開発すれば、エンドユーザは自分たちでもある程度の対応ができることからストレスから解放され、IT部署もより専門的な領域に専念することができるようになります。

 本記事では、「Webアプリケーションのデータ管理・帳票ツールとしてのFileMaker」で取り上げた「外部SQLデータソース」(以下、「ESS」)を使って、サブシステムを実現する方法を紹介します。

対象読者

  • 基幹システムで現場のニーズに対応しきれないシステム開発者、管理者。
  • IT部署に要望を伝えてもタイムリーな対応をしてもらえずに困っている現場の利用者。

目標

 基幹システム上のマスタとFileMakerテーブルのシームレスな連携をマスターする。

環境設定

基幹システム側

  1. FileMakerに対して公開するマスタテーブル(またはビュー)を定義、目的に合わせたアクセス権限を設定。
  2. ODBC経由のアクセスが可能なように、環境やネットワークを設定。

FileMaker側

  1. 接続先データベースに対応したODBCドライバをインストール。
  2. DSN(データソース名)を設定。

※FileMaker Serverを使えば、すべてのFileMakerユーザがODBC接続を共有することができます。

操作手順

 データ連携の方法を2通り(リレーション、ルックアップ)ご紹介したいと思います。

 FileMakerでは、ESSで取り込んだ外部データソースのテーブルを、FileMakerのテーブルとほぼ同じように取り扱うことができます。

 ここでは、基幹システムの顧客マスタと連携したFileMakerの送付状を作ってみましょう。

外部テーブルとのリレーション設定

 まず、FileMakerで送付状テーブルを作成します。次に、前回の記事と同じ手順で、顧客マスタを外部データソースを登録します。

  1. 顧客マスタのテーブルが存在するデータベースを外部データソースとして登録します。
  2. 顧客マスタ(この例ではテーブル名「customer」)をリレーションシップグラフに追加します。

 次に、外部データソースの顧客マスタと送付状テーブル間にリレーションを設定します。手順は簡単。顧客マスタのプライマリーキーのフィールドから送付状テーブルの外部キーとなるフィールドに向かって、ドラッグするだけで完了です。

 設定したリレーション条件は、リレーション線上にある「=」記号をダブルクリックして確認することができます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 木下 雄一朗(キノシタ ユウイチロウ)

    株式会社キー・プランニング 代表取締役。 コンサルティング会社勤務を経て、ソフトウェア開発会社キー・プランニングを設立。もと尺八演奏家という異色の開発者。クライアントの本当のニーズを見極めたコンサルティング、システム開発を提供することをポリシーに日々奮戦中。FileMaker 9 Certifie...

バックナンバー

連載:ITエンジニアのためのFileMaker講座

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5