Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

PHPとFileMaker ProによるWebアプリケーション構築(実装編)

ITエンジニアのためのFileMaker講座 第11回(後編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/05/07 14:00

 前回はPHPとFileMaker Proを連係させるための前提知識を紹介しました。今回は、APIの使い方と簡単なCMSを構築し動作させるまでの過程を解説し、 具体的にPHPとFileMakerがどのようにデータ連係を行うかについてお伝えしたいと思います。

目次

はじめに

 前回はFileMaker API for PHPの魅力を中心に、FileMaker ServerのインストールとWeb公開設定の準備について説明しました。今回は、APIの使い方と簡単なCMSを構築し動作させるまでの過程を解説し、具体的にPHPとFileMakerがどのようにデータ連係を行うかについてお伝えしたいと思います。

FileMaker API for PHPの準備と主な使い方

 PHPからFileMaker Serverの機能を扱うには、FX.php(CGIリクエストによる利用)とFileMaker API(APIによる利用)の2つの方法があります。本稿では後者(FileMaker.php)を利用について説明します。

データベースのアップロードと動作のための準備

 サンプルデータベース(display.fp7)とサンプルスクリプト(display.php)を使いながら、PHPによるWeb公開の手順を説明します。display.fp7は「display」レイアウトと「Color」と「Size」の2つのフィールドからなる非常にシンプルなデータベースです。

 記事に添付されているサンプルファイル「display.zip」をダウンロードして解凍し、実際に内容を確認しながら以下の説明を読み進めてください。

 サンプルデータは「Red」「Blue」「White」「Black」の4つのColorと、「Small」「Middle」「Large」の3つのSizeの組み合わせで構成されています。

1. アップロードするデータベースファイルのWeb公開設定を行う

 データベースファイルをFileMaker Proで開き、アカウント名とパスワードを設定します。

 アカウント名とパスワードの設定はメニューの[ファイル]-[管理]-[アカウントとアクセス権]で行います。また、PHPからのアクセスを有効にするには、[アクセス権セットの編集]タブで目的のアクセス権セットを選択して[編集]をクリックし、「PHP Web公開でのアクセス - FMSのみ(fmphp)」にチェックを付けておく必要があります。

ここでは「user」アカウントを作成
ここでは「user」アカウントを作成
PHPからのアクセスを有効に
PHPからのアクセスを有効に

 次いで、メニューの[ファイル]-[共有設定]-[FileMakerネットワーク]を選択して「FileMakerネットワークの設定」にある「ネットワーク共有」を「オン」とします。

ネットワーク共有をオンに
ネットワーク共有をオンに

2. サーバーの起動

 次にFileMaker Server Admin Consoleを起動(前稿を参照)して、データベースサーバーとWeb公開を開始します。

3. データベースのアップロード

 下図の上部左から5番目のアイコン(データベースのアップロード)をクリックしてアップロードアシスタントを開始します。

「データベースのアップロード」アイコンをクリック
「データベースのアップロード」アイコンをクリック

 [データベースの追加]ボタンをクリックして、アップロード対象となるデータベースを選択し、[進む]ボタンをクリックします。

データベースの選択
データベースの選択

 次に[アップロード後にデータベースを自動的に開く]をオンにし、[進む]ボタンをクリックします。

[アップロード後にデータベースを自動的に開く]ボタンをオンに
[アップロード後にデータベースを自動的に開く]ボタンをオンに

 正常にアップロードが完了すると「データベースのアップロードの概要」で「状態」欄に緑色の丸いアイコンが表示されます。

アップロードの完了
アップロードの完了

 データベース管理の画面で下図のようにデータベースの「状態」欄が「正常」、「PHP」欄にチェックが入っていれば正常に動作しています。もし「状態」欄が「閉じる」になっていたり「PHP」欄にチェックが入っていない場合は、データベースファイルをFileMaker Proで開いて、先の「アクセス権セットの編集」や「FileMakerネットワークの設定」を見直してください。

動作状況の確認
動作状況の確認

 ApacheやIISを自分でインストールする場合は、FileMaker.phpをはじめとするAPIのファイルを手動で配置する必要があります。ファイル一式は、以下の場所にZIPファイルとしてインストールされています。本稿では動作させるPHPスクリプトと同一階層にZIPファイルを解凍し、フォルダ名を「API」に変更した状態で設置したものとして話を進めます。

├ ※ PHPスクリプト
└ API/
    ├ FileMaker.php
    └ FileMaker/
        └ ※ 以下API用ファイル一式

 APIファイルは次の場所にあります。

Macの場合(FileMaker Serverを MacHD/ライブラリ 以下にインストール)
MacHD/ライブラリ/FileMaker Server/Web Publishing/FM_API_for_PHP_Standalone.zip
Windowsの場合(FileMaker Serverを C:\Program Files 以下にインストール)
C:\Program Files\FileMaker\FileMaker Server\Web Publishing\FM_API_for_PHP_Standalone.zip

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 岡田 匡(オカダ マサシ)

    岐阜県大垣市のソフトピアジャパンと名古屋市に拠点を置く、WebシステムとFileMakerソリューション開発の会社、株式会社ワークスペースの代表取締役。1998年にCGIプログラミングでショッピングカートシステムを初めて開発。2001年にショッピングカートと連携するネット通販の受注管理システムを手掛...

バックナンバー

連載:ITエンジニアのためのFileMaker講座

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5