Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

FileMaker Serverを使った効率的なシステム運用(前編)

ITエンジニアのためのFileMaker講座 第13回(前編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/07/12 14:00

 今回は、ある程度のユーザ数で快適に利用でき、かつ止まらないシステムをFileMaker Proで運用することを前提に、運用にまつわるあれこれをご紹介します。

目次

はじめに

 今回の主題に入る前に、「そもそもFileMaker Proってなんだ?」という話題に触れる必要があるかもしれません。FileMaker Proとはどういうもので、システム管理者や開発者から見た立ち位置はどうなんだろう、というお話です。

FileMaker Proって何?

 FileMaker Proほど、人により異なる印象を持つソフトウェアは珍しいかもしれません。ある人は帳票ツールであると捉えているかもしれませんし、またある人はレコードを保持できるワープロ(=カード型データベース)であると捉えていたり、いやいや規模によっては基幹業務をカバーできるデータベースである、と考える人もいるでしょう。その最大公約数はどのあたりかと言うと、筆者の印象では「あまり高い能力はないのではないか」と捉える人が、特にスキルの高いエンジニアの方に多いように見受けられます。

 「高い能力」がどのあたりを指すかというのは難しい問題ですが、もしそれが「数百人のユーザーの日常業務をカバーできる」というレベル(これも曖昧ですが)だとしたら、残念な誤解であるといわざるを得ません。FileMaker Proは、一般に考えられているよりもずっと高いデータ処理能力を持つデータベースです。

FileMaker Proの生い立ち

 FileMaker Proはカード型データベースとして生まれ、その特徴を保ったままリレーショナルデータベースに発展してきたデータベースです。このことは、非エンジニアがパーソナルなデータベースを気軽に作れる側面と、スキルの高いエンジニアが複雑で高度なシステムを構築できる側面の両方を同時に持つ、特異な存在であるということを意味します。今回は、ある程度のユーザ数で快適に利用でき、かつ止まらないシステムをFileMaker Proで運用することを前提に、運用にまつわるあれこれをご紹介します。

対象読者

 FileMaker Proに日頃あまり親しんでいない開発者/システム管理者の方を対象にしています。

FileMaker Serverによる運用

 上述のように、現在のFileMaker Proは個人利用のみを前提としたデスクトップアプリケーションという使われ方だけではなく、クライアント/サーバで運用することで真価を発揮します。

 FileMakerの導入時によく求められる要件に「情報の一元管理」というものがありますが、これはそのままFileMaker Serverによる運用が求められるということを意味します。各営業部員のデスクトップフォルダやMy Documents(の中の「2009年一時保存」フォルダなど)の中に多数存在する、どれが現時点での最新データかわからない個別ファイルを1か所にまとめ、関係者全員が同じソースを参照することに大きな意味があります。

 FileMaker Serverはその名の通りサーバアプリケーションであり、デーモン(Windowsではサービス)として動作します。クライアントのためにデータベースファイルを管理し、ネットワーク上のFileMaker Proクライアントにデータベースへのアクセスを提供するためのものです。FileMaker Serverを利用することで多数のユーザに安定したデータベースアクセスを提供し、バックグラウンドでデータのバックアップを定期的に行うこともできます。

 今回の記事では、普段他のデータベースをお使いのエンジニアの方にもスケール感をお分かりいただけるよう、FileMaker Serverの運用や最適化について解説します。また、すでにFileMakerをお使いの方で、サーバやネットワークについてはあまり詳しくない、という方にも有益な情報となるはずです。

 FileMaker Serverについての基本的な情報や、Webのバックエンドとしての使い方、他のSQLデータベースとの連携などについての情報は、本連載の過去の記事をご参照ください。

 なお、今回の記事で対象にしているFileMaker Serverのバージョンは、現時点で最新となるFileMaker Server 11です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 竹内 康二(タケウチ コウジ)

    株式会社スプラッシュにて受託開発およびコンサルティング、トレーニング、各種サーバ構築 / 運用管理を行う。開発者 / ライターのコラボレーションチーム「sevensdoor.com」に所属し、米FMPtraining.comによる開発者向けトレーニングを日本向けにローカライズし、2005年から200...

バックナンバー

連載:ITエンジニアのためのFileMaker講座

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5