Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

低コスト・高価値のシステムを提供可能にするFileMaker Pro 11の新機能(後編)

ITエンジニアのためのFileMaker講座 第12回(後編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/07/06 14:00

 前編では、FileMaker Pro 11で強化された開発者関連の機能のうち、表形式のデータビュー、データの可視化機能などについて紹介しました。後編では、強化されたレイアウト編集の機能、セキュリティ機能などについて説明します。

目次

はじめに

 前編では、FileMaker Pro 11で強化された開発者関連の機能のうち、表形式のデータビュー、データの可視化機能などについて紹介しました。後編では、強化されたレイアウト編集の機能、セキュリティ機能などについて説明します。

対象読者

  • FileMaker Proでの開発に興味がある、検討しているIT技術者の方。

レイアウトの作成

 FileMaker Proの特長の一つとして、自由度の高いユーザーインターフェイスのレイアウト機能が挙げられます。レイアウトの調整は、「レイアウトモード」と呼ばれる専用モードに切り替え、一般的なドロー系ソフトと似た操作で行えます。

 レイアウトはシステムが稼働していても変更できるため、システムを止めることなく改修することが可能です。また、ユーザーにレイアウトの編集権限と与え、改修要望の多い帳票レイアウトなどのメンテナンスをユーザーに任せてしまうことで、開発者の保守作業を軽減することもできます。

 FileMaker Pro 11では、この作業がより効率的に行えるようになり、ユーザー満足度の高いシステムをすばやく簡単に構築できるようになりました。

インスペクタ

 FileMaker Pro 11のレイアウトモードでは、「インスペクタ」と呼ばれる編集機能を集約したパネルを利用して、オブジェクトの一括設定が行えるようになりました。

 図1は、前編の図8で紹介したグラフのインスペクタ情報です。名前に「Gra」と付いていることが分かります。テキストフィールドであれば入力の可否やインプットメソッド(IME)のひらがな/英数字の切り替え設定、文字の色や大きさなどをインスペクタで指定することができます。

前編の図8(再掲)
前編の図8(再掲)
図1 インスペクタ
図1 インスペクタ

オブジェクトバッジ

 FileMaker Pro 11のレイアウトモードでは、インスペクタの他にも「オブジェクトバッジ」という機能が追加され、さらに使いやすくなっています。

 オブジェクトバッジはオブジェクトに設定されている情報を表示する機能です。図2では発売日フィールドに黄色い「T」というマークが表示されています。これはポップアップヘルプが設定されていることを示しています。青と赤のひし形が表示されている数量フィールドには条件付き書式が設定されています。

 複数のオブジェクトに表示されている緑の虫眼鏡のマークはクイック検索の対象フィールドです。索引(インデックス)が付いていないフィールドがクイック検索の対象フィールドとなっていると検索速度が遅くなりますので、不要なフィールドをクイック検索対象から外してパフォーマンスを向上させるといった使い方ができます。

図2 オブジェクトバッジ
図2 オブジェクトバッジ

レイアウトをフォルダで分類

 レイアウトの切り替えは画面左上の「レイアウト:」と書かれているプルダウンメニューから行いますが、FileMaker Pro 11からフォルダで分類できるようになったため、レイアウトが増えてきた場合に管理しやすくなりました。

図3 レイアウトの管理
図3 レイアウトの管理

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 佐合 紀和(サゴウ ノリカズ)

    大学在学中にある電器店のシステムをFileMaker Proで開発するアルバイトをする。卒業後は一般的な開発会社でCOBOLとJavaのプログラマを経て、現在は株式会社バルーンヘルプで様々な業界のシステム開発に携わっている。 FileMaker 9 Certified Developer。 File...

バックナンバー

連載:ITエンジニアのためのFileMaker講座

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5