Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「PyCon JP 2011」本編以外の注目ポイント
~出会いの場をどう活用するか?

「PyCon JP 2011」事前レポート(3)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/08/18 20:10

 前回まではメインとなるセッションや、セッションを開いている時間に裏で開催されているOpen Spaceなどについての紹介でした。最終回となる今回は、それらの時間以外に行われる昼食や、みんな大好き懇親会という名の飲み会であるPyCon JP Party、そしてPyCon JPの翌日に開催されるPyCon JP Sprintを紹介します。また、「出会い系」らしいスペシャル記事もあります。お楽しみに!

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 保坂 翔馬(ホサカ ショウマ)

    どこにでもいる普通のプログラマ。 主にPython界隈で活動中で、勉強会に出没したり、PyCon JP運営チームに参加するなど。 最近はPyPyに興味を持って開発・翻訳などをしたりしている。 パーフェクトPythonの著者の一人 PyCon APAC...

  • 遠藤 隆尚(エンドウ タカナオ)

    Vettl Inc. CTO 地ビール・サンクトガーレン湘南ゴールドとサーフィンのために日々働く。 Google App Engineなどで全般的にPythonを使うかたわら、Erlang製のWebSocket Server Shirasu.wsを開発している。 Twitter: @MiCHi...

  • 原 健太(ハラ ケンタ)

    東京工業大学附属科学技術高等学校 情報・コンピュータサイエンス分野 しがない情報科高校生。レゴでロボットが作れるマインドストームでプログラミングにであう。 近所のPython使いのプログラマに勧められPythonをはじめ、ちびちびPythonを書く日々をおくる。 最近はどうしたら学生がプログラミン...

  • 畠 弥峰(ハタ ヒロタカ)

    PyCon JP 2016 チュートリアル担当。 Webアプリケーションを中心に10年近くPythonで仕事をしている。PyCon JPには2011年からスタッフとして活動。 Twitter: @flag_boy

  • 池 徹(イケ トオル)

    雑食ソフトウェアエンジニア 教育研修コンサルタント、システムインテグレータ、外資系サーチエンジンを経て、オーストラリアの企業から忍者の称号を授るが抜け忍となる。現在は職を探すべく暗躍中。2011年の初夏にEuroPythonに行って以来、PyPyにのめり込み、ついには日本コミュニティ pypy-j...

バックナンバー

連載:「PyCon JP 2011」レポート

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5