Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

アイエニウェア・ソリューションズ、「SQL Anywhere 12」日本語版を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/08/25 17:25

 アイエニウェア・ソリューションズは、自己管理型高性能RDBエンジン「SQL Anywhere」、モバイル向け小型RDBエンジン「Ultra Light」、他社製データベースとの双方向データ同期ミドルウェア「Mobile Link」で構成されるパッケージ「SQL Anywhere」の最新バージョン「SQL Anywhere 12」日本語版を、25日に発売した。

 「SQL Anywhere」は、アプリケーションへの組み込みが容易で、自己管理機能を持ち、最低限の管理で済むため、ITのサポートがほとんど受けられない場所で利用する、業務アプリケーションとして最適な製品といえる。

 新バージョンでは、革新的なスケールアウト構成をとることが可能になり、複雑なクラスタを構成することなく、大規模な読み取りやポーティングなどの参照形システムの負荷を、効率的に分散できるようになっている。また、サーバースレッドの自動チューニングや、統計情報管理の自己ヒーリングなど、増大するデータの処理スピード向上のため、自己管理機能を一層強化した。

 「Ultra Light」は、小型で軽量なモバイル向けRDBエンジンで、iOSやAndroidといったスマートフォンOSに対応する。Oracleなどの基幹データベースのデータを、オフラインで高速検索・更新する必要がある社外業務アプリケーションで、iPhoneやAndroidスマートフォンを利用可能となった。

 また、「SQL Anywhere」「Ultra Light」「Mobile Link」には、今回新たに空間データのサポートが加わっている。これによって、トラッキングやロケーションアウェアクエリの同期など、社外業務アプリケーションに役立つ機能が強化されている。


【関連リンク】
アイエニウェア・ソリューションズ
「SQL Anywhere」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5