Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

運営スタッフが振り返る「PyCon JP 2011」の模様と今後の展望

「PyCon JP 2011」運営レポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/09/15 14:00

目次

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 寺田 学(テラダ マナブ)

    一般社団法人PyCon JP 代表理事。Plone Foundation Ambassador。株式会社CMSコミュニケーションズ 代表。NVDA日本語チーム 監査。 Zope/Ploneの専門家として,大学系・公共系などのCMSコンサルティングや構築を手がけている。PyCon JPには、初回から...

  • 鈴木 たかのり(スズキ タカノリ)

    PyCon JP 2016座長。 株式会社ビープラウド所属 部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い、その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し、2014年から座長。 他の主な活動は 一般社団法...

  • 遠藤 隆尚(エンドウ タカナオ)

    Vettl Inc. CTO 地ビール・サンクトガーレン湘南ゴールドとサーフィンのために日々働く。 Google App Engineなどで全般的にPythonを使うかたわら、Erlang製のWebSocket Server Shirasu.wsを開発している。 Twitter: @MiCHi...

  • 池 徹(イケ トオル)

    雑食ソフトウェアエンジニア 教育研修コンサルタント、システムインテグレータ、外資系サーチエンジンを経て、オーストラリアの企業から忍者の称号を授るが抜け忍となる。現在は職を探すべく暗躍中。2011年の初夏にEuroPythonに行って以来、PyPyにのめり込み、ついには日本コミュニティ pypy-j...

  • 保坂 翔馬(ホサカ ショウマ)

    どこにでもいる普通のプログラマ。 主にPython界隈で活動中で、勉強会に出没したり、PyCon JP運営チームに参加するなど。 最近はPyPyに興味を持って開発・翻訳などをしたりしている。 パーフェクトPythonの著者の一人 PyCon APAC...

  • 畠 弥峰(ハタ ヒロタカ)

    PyCon JP 2016 チュートリアル担当。 Webアプリケーションを中心に10年近くPythonで仕事をしている。PyCon JPには2011年からスタッフとして活動。 Twitter: @flag_boy

  • 杵渕 朋彦(キネブチ トモヒコ)

    一介のプログラマ。 エンタープライズなところで仕事をしていて普段はJavaを使っている。Pythonは個人の活動で使用している。 主に言語そのものや理論に興味があり、CPython 3.2ソースコードリーディングやスタート代数を開いている。 Twitter: @cocoatomo

  • 清水川 貴之(シミズカワ タカユキ)

    ドキュメンテーションツール Sphinx のメンテナ。 Sphinx-users.jp 運営。 一般社団法人PyConJP理事。 株式会社ビープラウド所属。 著書/訳書:「Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版」「Sphinxをはじめよう」「Pythonプロフェッショナルプログラミング」...

  • 森本 哲也(モリモト テツヤ)

    一介のプログラマ。 Anacondaのソースを読み始めたきっかけから Python という言語の特徴やプログラミングに興味をもつようになる。 プログラマとして生きていくにはどうすれば良いかを日々考えている。 オープンソースやそのコミュニティが大好き。 Twitter: @t2y ブログ: for...

バックナンバー

連載:「PyCon JP 2011」レポート
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5