Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

モバイルアプリをCurlで作る!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SCSK株式会社より、Curlでモバイルアプリを開発できる環境「Caede Preview版」が2011年11月28日にリリースされました。今回の記事では、このCaedeを用いて簡単なサンプルプログラムを作成する過程を紹介します。

目次

はじめに

 Curlでモバイルアプリを開発できる環境「Caede Preview版」は、スマートフォンとPCのアプリケーションを同じ開発環境/開発言語で作れることがコンセプトで、開発者はCurl言語を習得するだけで両プラットフォーム対応のアプリを開発できます。例えば、エンタープライズの現場において、バックエンドシステムを主体としながらも一部のサブモジュールをモバイルにて運用したい、というようなシーンにはぴったりです。

Caedeの仕組み
Caedeの仕組み

 もともと、CurlはWindowsだけでなく、MacやLinux上でも稼動する言語です。スマートフォンやタブレットなどのデバイス環境が多様化する昨今、モバイル環境にも従来のPC環境にも対応しているCurlは、とても魅力的な言語です。

 また、Curlは、エンタープライズRIAに取り組んでいる言語であるため、バックエンドシステムをCurlで構築している事例が数多くあります。そのため、安心して使える、安定した言語でもあります。安心・安定した言語であることは、企業システムでは必須の事項です。詳細はCurlのサイトをご覧ください。

モバイル用統合開発環境「Caede」の仕組み

 Caedeとは、Curlで作られたモバイル対応の統合開発環境で、Translator、Framework、Librariesおよび開発ツールなどを提供しています。「Eclipse上でCurlのソースコードを書き、Translatorでソースコードを変換し、結果をシミュレータで確認する」というのが基本的な開発スタイルです。Translatorを使い、モバイルプラットフォームをサポートするためのHTML/CSS、JavaScriptを生成します。詳しくは、Caedeのサイトを参照ください。

作成するアプリケーション

 今回はCaedeを使い、棚卸し時に使える簡単なアプリを作ってみたいと思います。

作成するサンプルアプリ
作成するサンプルアプリ

 商品一覧をクリックすると個別の画面が起動し、個別の画面にて、実在庫の数を入力します。必要に応じて発注依頼を実施したり、商品情報を参照したりできるアプリです。今回は記事の都合上、発注依頼や商品情報の参照機能は省略します。

インストール

 実装するにあたり、まずは開発環境を整えます。下記の製品をインストールしてください。

  1. Eclipse Classic
  2. Android SDK
  3. ADT Plugin
  4. CDE(Curl開発環境)
  5. Caede(Curlモバイル用のフレームワーク)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:CurlデベロッパーセンターPick Up

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5