Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

既存システムを分析するための考え方と対処法

モデルベースの手法でコストをかけずに既存システムを分析する(2)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/05/15 14:00

 前回は既存システムの分析方法として、システムの地図を作ることを説明しました。さまざまな制約の中で開発、保守されたシステムは混沌としています。その状況に影響されずに重要なものと不要なものを見極め、システムを俯瞰するために必要最低限度の情報で全体を表現します。今回はプロジェクトの置かれたさまざまな状況の中で、既存システムを分析するための考え方や対処法を説明します。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 神崎 善司(カンザキ ゼンジ)

    (株)バリューソース代表 大手SIerにおいて大小10システム以上のプロジェクトリーダを勤め、20年ほど前に独立。2002年から5年間(株)豆蔵での社員も兼任しながら要件定義などの上流工程のコンサルティングを行う。2008年に要件定義手法「リレーションシップ駆動要件分析(RDRA)」を開発し現在は...

バックナンバー

連載:モデルベースの手法でコストをかけずに既存システムを分析する
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5