Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

ComponentOne Studio for ASP.NET MVCにおけるWeb API連携

サンプルで学ぶ業務アプリ開発用UIコンポーネント「ComponentOne Studio」 第3回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/10/21 14:00

 本連載では、業務アプリケーション開発に適したクロスプラットフォーム対応のUIライブラリ「ComponentOne Studio」について、具体的なサンプルを交えながら、その特長を紹介していきます。ComponentOne Studioは先日2015J v2がリリースされ、Windows10やVisual Studio 2015への対応が行われました。第3回は2015J v2の簡単な紹介と、注目機能であるWeb APIを中心にサンプルを交えて紹介します。

目次

対象読者

  • Visual Studio 2010/2012/2013/2015でVisual BasicやC#を使った開発経験のある方

必要な環境

 Visual Studio 2010/2012/2013/2015を使用してASP.NETによるWebアプリケーション開発を行うことのできる環境。

 本連載で紹介するサンプルは以下の環境で開発、動作確認を行っています。

  • OS:Windows 10 Pro
  • 開発ツール:Visual Studio Community 2015

2015J v2の概要

 ComponentOne Studioは、年に3回のメジャーバージョンアップをを行っており、今回のリリースは今年度2回目のバージョンアップとなります。本連載ではASP.NET、MVCについて扱いますが、それ以外の機能についても多くの改善、新機能が含まれています。

  • Windows 10とVisual Studio 2015に対応
  • 各コントロールの.NET Framework 4.6、ASP.NET 5への対応
  • Microsoft Edgeでの動作もサポート
  • Studio for ASP.NET MVCに「Web API」サービスが追加
  • Inputコントロールの日本仕様への対応強化(Studio for WinForms)
  • Excelライクなスプレッドシート「FlexSheet for WPF」コントロール追加(Studio for WPF)
  • 20種類以上の定義済みカラーパレットを提供する「ColorPicker for WinRT XAML」追加(Studio for WinRT XAML)

 詳細については、2015J v2リリース情報をご覧ください。

Web APIサービスとは?

 新たに追加されたComponentOne Studio for Web APIは、ASP.NET Web APIおよびASP.NET 5技術の上に構築されたHTTPサービスセットです(ただしComponentOne Studio Enterprise限定の機能です)。主に、ComponentOne Studio for ASP.NET MVC用のファイル入出力機能を提供します。

  • Imageサービスではグラフやゲージを各種形式のファイル(PDF、JPG、BMP、GIF、PNG、TIFF)で出力
  • Excel入出力サービスではFlexGridコントロールでExcelファイルのインポート、エクスポートが可能
  • Excelファイル出力時にはヘッダや書式を含むデータだけではなく、グループ化などのレイアウトやスタイルを保持

 以降では、Web APIサービスの構築方法について、サンプルを交えて説明します。

Web APIの利用要件

 Web APIのシステム要件は、以下の通りです。ASP.NET Web APIにはいくつかのバージョンが存在しますが、そのバージョンによってComponentOne Studioのコンポーネントが必要とする.NET Frameworkなどのバージョンは異なります。バージョンごとに必要となるコンポーネントは以下のとおりです。

  • ASP.NET Web API 2.2(C1.Web.Api 4)
    • .NET Framework 4.5以上
    • Visual Studio 2012、2013、2015
    • IIS 7以上(IISでホストする場合)
  • ASP.NET Web API 3(C1.Web.Api 5)
    • .NET Framework 4.5以上
    • Visual Studio 2015
    • IIS 7.5以上(IISでホストする場合)

 クライアント側では上記バージョンにかかわらず次のブラウザをサポートしています。

  • Internet Explorer 9以上
  • Mozilla Firefox
  • Safari

 その他、実際に開発に利用するための再配布可能ファイルなど、ライセンス条件やテクニカルサポートなどの情報、コンポーネントのヘルプなどについては、ComponentOne Studio for Web APIをご参照ください。

Web APIのインストール

 ComponentOne Studio for Web APIは、ASP.NET MVCとは別途インストールする必要があります。グレープシティ株式会社のダウンロードサイトからダウンロードしたインストーラを実行すると、インストールする製品を選択する画面が表示されるので、WebApiにチェックを付けてインストールを進めます。

ComponentOne Studioインストーラ
ComponentOne Studioインストーラ

 開発、実行に必要なコンポーネント以外にサンプルも以下の場所にインストールされます。

C:\Users\<User Name>\Documents\ComponentOne Samples\Web Api

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 花田 善仁(ハナダ ヨシヒト)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2012年2月時点での登録メンバは37名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂き...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:サンプルで学ぶ業務アプリ開発用UIコンポーネント「ComponentOne Studio」
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5