Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

VBライクなクロス開発ツール「Xojo(ゾージョー)」でiOSビジュアル開発をはじめよう

クロス開発ツール「Xojo」によるiOSアプリの開発 第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載ではグレープシティが日本語版を提供する統合開発環境Xojo(ゾージョー)を用いたiOSアプリの開発について紹介します。XojoはWindows/Mac/Linux/Raspberry PiのネイティブアプリやWebアプリをクロスプラットフォームで開発できるツールですが、本連載ではiOSアプリの開発にフォーカスして説明します。Xojoを利用すると、iOS専用の言語や開発ツールを用いずにiOSアプリを手軽かつ高速に開発できます。

目次

はじめに

 Xojo(ゾージョー)は、アメリカXojo, Inc.の統合開発環境で、2015年10月6日からグレープシティが日本語版の総販売店となり提供しています。

図1 Xojoの日本語版はグレープシティが提供(グレープシティのWebページより)
図1 Xojoの日本語版はグレープシティが提供(グレープシティのWebページより)

 XojoはVisual Basicのようなビジュアル開発ツールです。クロスプラットフォーム対応で、Windows/Mac/Linux/Raspberry Piのネイティブアプリと、Webブラウザで動作するWebアプリが開発できます。開発ツール自体もWindows/Mac/Linuxで動作し、MacでWindowsアプリを開発するといったこともできます。全ての開発で統一されたVBライクな言語が利用でき、環境で言語を使い分ける必要がありません。ビジュアルツールで部品を画面に貼り付けてイベントハンドラを記述することで直感的に開発を進めることができます。

図2 Windowsで動作するXojoでアプリを開発している様子
図2 Windowsで動作するXojoでアプリを開発している様子

 クロスプラットフォーム開発の一環として、XojoはiPhoneやiPadといったiOSデバイス向けのアプリ開発に対応しています。本来iOSアプリの開発には、開発ツールはXcode、言語はObjective-CやSwiftといったiOS専用の流儀が必要ですが、Xojoを利用すれば他プラットフォームのアプリを開発するのと共通のスタイルでiOSアプリを開発できます。

 本記事ではXojoを利用したiOSアプリの開発について説明していきます。

対象読者

  • iOSアプリ開発は敷居が高くて手が出ないと思っている人
  • VBのようなビジュアルツールだと思ってXcodeを使い始め、結局挫折した人
  • 昔学んだVBスキルを活用したい人

必要な環境

 前述の通りXojoはクロスプラットフォーム対応していますが、iOSアプリ開発を行う場合はMac(OS X)が必要です。またXojoのほかにXcodeをインストールする必要があります。

 今回は以下の環境を利用します。

  • OS X 10.11.1
  • Xojo 2015r3.1
  • Xcode 7.1.1

 Xojoのインストールファイルは、XojoのWebページでアカウントを作成してログインすると無料でダウンロードできます。ダウンロードしたファイルを開いて表示されたウインドウで、アプリ一式をアプリケーション(Applications)フォルダにドラッグアンドドロップしてインストールします。

図3 Xojoをインストール
図3 Xojoをインストール

 Xojoを利用してアプリを開発し、デバッグ実行するまでは無料で利用できますが、Xojoで開発したアプリをリリース用にビルドするには別途ライセンスを購入する必要があります。ライセンスの詳細についてはグレープシティのWebページを参照してください。

 またXcodeはMac App Storeから無料でダウンロードできます。Xcodeは初回起動時に初期設定を行うため、Xojoでの開発を始める前に一度起動させておいてください。なお最終的にiOSアプリをApp Storeに公開するためにはApple Developerライセンスを購入する必要があります。詳細はAppleのWebページを参照してください。

図4 XcodeはMac App Storeから入手できる
図4 XcodeはMac App Storeから入手できる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト  吉川 英一(ヨシカワ エイイチ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2017年5月時点での登録メンバは52名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂き...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:クロス開発ツール「Xojo」によるiOSアプリの開発
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5