Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

5分でわかるActiveReports帳票-ActiveReports Server(運用編)

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(7)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 9.0J」の新機能を使用して帳票アプリケーションを作成する方法を解説します。第7回の今回は、9.0Jで追加された新機能である「ActiveReports 9.0J Server」を運用していく上で必要な、ユーザーやロールなどのセキュリティ設定やスケジュール実行の方法について説明します。なお、ActiveReports 9.0J ServerはProfessional版のみの機能です。

目次

備考

 ActiveReportsを使用した帳票アプリケーションの基本的な作成方法については、これまでの連載記事も併せてご参照ください。特に、1つ前のバージョンである7.0Jをもとに解説した2013年度版の記事は、9.0Jでもそのままご利用いただける内容となっています。また、2007/2008年度版の記事は3.0Jをもとに解説していますが、3.0Jのレポートと9.0Jのセクションレポートは名前空間や一部のAPIを除いて同じレポート形式であるため、セクションレポートの概念や基本的な使い方についてはこちらもご活用ください。

はじめに

 ActiveReports 9.0J Server(以下、ActiveReports Server)はActiveReportsで作成した帳票の運用、管理環境として動作するサーバー製品です。第6回ではActiveReports Serverのインストールや初期設定の方法について説明しましたが、今回は帳票のセキュリティ管理、スケジュールによる帳票の定期配信など、ActiveReports Serverで利用できる主要機能について、以下の構成で説明していきます。

  • ユーザーとロールの作成
  • カテゴリとパーミッションの設定
  • スケジュールの設定
  • まとめ

 記事の中で「管理者ポータル」および「利用者ポータル」へアクセスする手順が登場しますが、それぞれへのアクセス方法は第6回の記事をご覧ください。

対象読者

  • 帳票作成ツールに興味のある方
  • 帳票の運用管理基盤を手軽に構築したい方
  • iPad/iPhoneで帳票を閲覧したい方
  • ActiveReportsで帳票開発を行っている方

必要な環境

  • Windows Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2
  • .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2/4.6/4.6.1
  • IIS

備考

 上記のサーバーOSを準備するのが困難な場合は、Windows Vista/7/8/8.1などのクライアントOS上にインストールして動作を試すことも可能です。インストール前の準備として、上記に示したバージョンの .NET Frameworkをインストールし、「Windowsの機能の有効化と無効化」から、「インターネットインフォーメーションサービス」⇒「アプリケーションの開発機能」⇒「ASP.4.5」を設定してください。Windows 8.0以降の場合は、「Windowsの機能の有効化と無効化」から「.NET Framework 4.5」の「WCFサービス」⇒「HTTPアクティブ化」も設定してください(サーバーOSにおける事前準備は第6回に記載しています)。インストールの手順は、第6回で紹介する手順と相違ありません。

 ただし、実際に運用を行う際のサポート環境は、上記のサーバーOSのみとなりますのでご注意ください。

ユーザーとロールの作成

 ActiveReports Serverをインストールした直後は、第6回の「サーバー構成ウィザード」で作成した管理者アカウントしか存在しません。ActiveReports Serverの運用にあたり、一般ユーザーとそれらが所属するロールを作成してみましょう。

ロールの作成

 ActiveReports Serverでは、各帳票に対するパーミッションは個々のユーザーではなく、ロールに割り当てられます。ロールには帳票に対するパーミッションのほか、以下の操作に対するパーミッションを設定可能です。

レポートのアップロードを許可

 この権限を設定した場合、帳票デザイナより帳票を新規作成しActiveReports Serverにアップロードすることが可能になります。

レポートのスケジューリングを許可

 この権限を設定した場合、利用者ポータルから帳票をスケジュール実行することが可能になります。

レポートのシステムカテゴリ変更を許可

 この権限を設定した場合、利用者ポータルから帳票に設定されている「システムカテゴリ」を変更することが可能になります。

 まずは、異なるパーミッションを持つ2つのロール「営業部」と「総務部」を作成します。管理者ポータルの左メニューから「ロール」を選択し、「新しいロール」の[作成]をクリックします。

ロールの作成
ロールの作成

 「ロールの作成」ダイアログが表示されるので、以下の値を設定して[作成]ボタンをクリックし、「営業部」のロールを作成します。

「営業部」ロールの設定値
ロール名 営業部
レポートのアップロードを許可 オフ
レポートのスケジューリングを許可 オン
レポートのシステムカテゴリ変更を許可 オン

 同様に、「ロールの作成」ダイアログから以下の値を設定して、「総務部」のロールを作成します。

「総務部」ロールの設定値
ロール名 総務部
レポートのアップロードを許可 オフ
レポートのスケジューリングを許可 オフ
レポートのシステムカテゴリ変更を許可 オフ

 ロールが作成されると以下のようにロールの一覧画面に「営業部」と「総務部」のロールが表示されます。

作成されたロール
作成されたロール

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5