Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

5分でわかるActiveReports帳票-ActiveReports Server(応用編)

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(8)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 9.0J」の新機能を使用して帳票アプリケーションを作成する方法を解説します。第8回の今回は、9.0Jで追加された新機能である「ActiveReports 9.0J Server」の応用的な使用方法について説明します。なお、ActiveReports 9.0J ServerはProfessional版のみの機能です。

目次

備考

 ActiveReportsを使用した帳票アプリケーションの基本的な作成方法については、これまでの連載記事も併せてご参照ください。特に、1つ前のバージョンである7.0J をもとに解説した2013年度版の記事は、9.0Jでもそのままご利用いただける内容となっています。また、2007/2008年度版の記事は3.0Jをもとに解説していますが、3.0Jのレポートと9.0Jのセクションレポートは名前空間や一部のAPIを除いて同じレポート形式であるため、セクションレポートの概念や基本的な使い方についてはこちらもご活用ください。

はじめに

 ActiveReports 9.0J Server(以下、ActiveReports Server)はActiveReportsで作成した帳票の運用、管理環境として動作するサーバー製品です。第6回第7回ではActiveReports Serverの基本的な使用方法について説明しましたが、今回は監査ログの設定方法、ActiveReportsの帳票デザイナとの連携方法、外部システムとの連携方法など、ActiveReports Serverの応用的な使用方法について、以下の構成で説明していきます。

  • 監査データベースの設定
  • ActiveReportsの帳票デザイナとの連携
  • 外部システムとの連携
  • まとめ

 記事の中で「管理者ポータル」および「利用者ポータル」へアクセスする手順が登場しますが、それぞれへのアクセス方法は第6回の記事をご覧ください。

対象読者

  • 帳票作成ツールに興味のある方
  • 帳票の運用管理基盤を手軽に構築したい方
  • iPad/iPhoneで帳票を閲覧したい方
  • ActiveReportsで帳票開発を行っている方

必要な環境

  • Windows Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2
  • .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2/4.6/4.6.1
  • IIS

備考

 上記のサーバーOSを準備するのが困難な場合は、Windows Vista/7/8/8.1などのクライアントOS上にインストールして動作を試すことも可能です。インストール前の準備として、上記に示したバージョンの .NET Frameworkをインストールし、「Windowsの機能の有効化と無効化」から、「インターネットインフォーメーションサービス」⇒「アプリケーションの開発機能」⇒「ASP.4.5」を設定してください。Windows 8.0以降の場合は、「Windowsの機能の有効化と無効化」から「.NET Framework 4.5」の「WCFサービス」⇒「HTTPアクティブ化」も設定してください。(サーバーOSにおける事前準備はこの記事内に別途記載しています。)インストールの手順は、この記事で紹介する手順と相違ありません。

 ただし、実際に運用を行う際のサポート環境は、上記のサーバーOSのみとなりますのでご注意ください。

監査データベースの設定

 ActiveReports Serverでは、監査設定を有効化することにより、各ユーザーのアクセス履歴などをデータベースに保存することができます。保存先のデータベースにはMicrosoft SQL Server、Oracle Database、MySQL、PostgreSQLが使用可能です。今回はOracle Databaseの無償版であるOracle Database 11g Express Editionを使用して、監査データベースの設定方法の一例を紹介します。

備考

 この記事ではデータベースの新規作成から行う手順を説明していますが、既存のデータベース上に監査用のテーブルを追加し、使用することも可能です。

Oracleのインストール

 Oracle Database 11g Express EditionはOracle Technology Network(OTN)からダウンロード可能です。ダウンロードしたZipファイルをインストールするマシン上に展開し、「DISK1/setup.exe」を実行するとインストールウィザードが表示されるので、使用許諾に同意してウィザードにしたがってインストールを行います。詳細な手順はOracle社が提供しているインストレーションガイドなどをご覧ください。

Oracleのユーザー設定

 ActiveReports Serverはデータベース上に監査情報を保存するテーブルを自動的に作成するので、それらのテーブルを作成・変更できる権限を持ったユーザーを作成します。

備考

 使用するデータベースは、あらかじめ作成しておく必要があります。(既存のデータベースを使用することも可能です。)なお、Oracle Database 11g Express Editionの場合、「XE」という名前のデータベースがインストール時に自動で作成されるので、今回はこちらをそのまま使用しています。

1)SQL*Plusの起動

 スタートメニューから「SQLコマンドラインの実行」をクリックしてSQL*Plusを起動します。

2)データベースへの接続

 SQL*Plusが起動したら以下のコマンドを入力し、データベースに接続します。

SQL> connect / as sysdba

3)ユーザーの作成

 次にユーザーを作成します。以下のコマンドでは「arsuser」というユーザー名で「PASSWORD」というパスワードを設定しています。

SQL> create user arsuser identified by “PASSWORD”;

 ユーザーが作成されたら以下のコマンドでシステム権限を付与します。

SQL> grant connect, resource to arsuser;

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5