Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

グレープシティ、JavaScriptコントロール「Wijmo 2016J v1」をリリース、Angular 2を正式サポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/06/03 18:15

 グレープシティは、Web業務アプリケーション開発を支援するHTML5/JavaScript製品の最新版「Wijmo 2016J v1」を、5月18日に発売した。定額制のサブスクリプション方式で、初回費用としての「Wijmo Enterprise」の1ユーザーライセンスは税込で97200円、1年ごとの更新費用は税込で38880円(初回費用の40%)。

 「Wijmo 2016J v1」は、グリッド、入力、チャート、ピボットテーブルなどUIコントロールすべてにおいてAngular 2を正式にサポートした。また、Angular 2のサポートにともない、Web ComponentsによるWebサイト各パーツの開発・保守が容易になったほか、TypeScriptとの親和性が高く、型定義やクラスによって安全で見やすいコードが開発でき、パフォーマンスも向上している。

 このほか、新機能としてJavaScriptでExcelと同等の操作感を備えたピボットテーブルを実現する「OLAP」コントロールを搭載しており、グリッドでのデータ集計や縦棒、横棒、折れ線などさまざまなチャートタイプによるデータの可視化を可能にした。クライアントサイドで数千行の集計をミリ秒単位で実行するため、ブラウザ上で大量のデータを分析できる。


【関連リンク】
グレープシティ
Wijmo

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5