Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

フロントエンドの責任者は沖縄在住? ストレスフリーな環境で東京と全く変わらないチャレンジが可能なユミルリンク

ユミルリンク フロントエンドエンジニア 田口和樹さん

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/01/16 14:00

 高速配信が売りのメール配信サービス「Cuenote FC」を提供するユミルリンク。同社 フロントエンドエンジニアの田口和樹さんは、Cuenote FCなどのサービスのUIを刷新するプロジェクトに取り組んでいる。「業務で使うサービスだから、安定性が確約された技術で使いやすいものにしたい」と語る田口さんのオフィスは、なんと沖縄。「オフィスから10歩で海」「バリ風のオフィス」といったうらやましすぎる環境で働きながら、業務におけるコミュニケーションのほとんどがリモートなのだという。BtoBアプリケーションのフロントエンド開発はどんなチャレンジが可能なのか? そして「いい意味で東京での働き方と全く変わらない」と語る田口さんの働き方とは? その実態を、沖縄オフィスの雰囲気とともに余すところなくお伝えする。

目次

BtoBアプリのフロントエンドはまだまだチャレンジの余地がある

ユミルリンク フロントエンドエンジニア 田口和樹さん

 山口県出身。九州大学大学院修了後、東京で7年間、Webアプリケーションの開発に従事。2006年3月に沖縄移住し、フリーランスを経て、3年前からユミルリンクのフロントエンドエンジニアとして管理画面の刷新に携わる。2016年7月、沖縄オフィスを立ち上げる。

 家族は妻と子供2人、チワワ1匹。好きな食べ物はゆしどうふ。

 企業のマーケティング活動に欠かせないメール配信。ユミルリンクの提供するメール配信システム「Cuenote FC」は、TSUTAYAでおなじみのカルチュア・コンビニエンス・クラブのメルマガや、地震情報と連動した安否確認サービスのメール配信など、1000社以上の企業や自治体に導入されている。

 メール配信システムは、「メルマガ担当者など、ITに疎い人が使うことが多い」「少しの操作ミスが、メール誤配信など重大な事故につながってしまう」ことから、分かりやすい管理画面がプロダクトの明暗を分けるのは想像に難くない。この、画面のUIデザインから実装までを、現在一人で担当しているのが田口さんだ。

 「Webサービスの成熟化・多様化によって『高い操作性』へのニーズは高まるばかりです。操作性が低ければユーザーは離脱してしまいますし、サービス価値向上のためにも、操作性を高めることは事業戦略として重要事項です。BtoBアプリケーションにおいてフロントエンドは今まで軽視されがちでしたが、その重要性は今後さらに増していくと考えられます」(田口さん)

 そう語る田口さんは、学生時代は建築を専攻し、その後は東京のITベンチャーで、Webのバックエンドの開発を手がけてきたという経歴を持つ。その後沖縄に移住し、3年前より、フロントエンドエンジニアとして、ユミルリンクのメール配信システム「Cuenote FC」、アンケートシステム「Cuenote Survey」などの管理画面の改善に取り組んでいる。

 「メールを1時間で300万通配信できるといった高速配信を売りにしているので、当社はバックエンドの開発に関心があるエンジニアが多いんです。一方、フロントエンド専任の開発者は、私が担当するまではいませんでした。私自身、SNSなどのコンシューマ向けサービスのユーザビリティがどんどん進化していることに危機感を覚え、当社のプロダクトのユーザビリティも改善をしたいと自ら手を挙げました」

 そんな田口さんが考える理想のUIとは、一言でいうなら「マニュアルなしでも家電のように簡単に使えるもの」だ。安定して稼働させるために、余計な飾りや動きを排除し、シンプルな導線を極めた上でしっかりと操作性と動作を確認するのだという。

 「業務で使うサービスですから、見た目の派手さを重視するというよりも、安定性が確約された技術でいかに使いやすく作るかがポイントです。また、既存のサービスのインターフェイスの変更となれば、新規とはまた異なる難しさがあります。現在、既存のサービスを部品のように一から分解して、再構築し、大幅なインターフェイスの変更を行いつつあるのですが、当方側の改善コストはもちろん、ユ―ザー側のスイッチコストもすぐに取り戻せるほど、かなり使いやすくなるという自負があります」

 アンケートシステムのリニューアルは一段落し、モダンでスッキリとしたデザインに生まれ変わった。現在は主力サービスであるCuenote FCの改善に少しずつ取り組んでいるという。

アンケートシステムの新旧比較 左:旧システム(Embla)、右:新システム(Cuenote Survey)
アンケートシステムの新旧比較 左:旧システム(Embla)、右:現システム(Cuenote Survey)

 「今後はCuenoteシリーズの全てのサービスをモダンにしていきたいですね。とはいえ、FCだけでも10年以上の歴史を持つツールだけに機能が多く、その一つひとつを紐解いて改善していくのは大変なこと。しかし、それを経験していくことで技術的資産を社内に蓄積できると考えています」

 このUIの改善に本気で取り組むため、ユミルリンクでは2016年7月に「沖縄オフィス」を開設した。田口さんを中心に、フロントエンドエンジニアチームを立ち上げ、改善を一気に図ろうという目論見だ。

オフィスの窓から見える海。「仕事に疲れた時、海を見ると癒やされる」と田口さん。
オフィスの窓から見える海。「仕事に疲れた時、海を見ると癒やされる」と田口さん。

 「今まではSOHOとして沖縄の自宅で仕事をしていたんですが、現在は、沖縄でも有数のリゾートタウンである北谷(ちゃたん)に開設されたオフィスに通勤しています。テラスから10歩行けば海、バリ風の内装というリラックスモードの中でゆったり仕事をするのは気分がいいですね。『リゾート気分で仕事にならないのでは?』とも言われますが、確かに都会から来たばかりだとそうなるかも(笑)」

 この沖縄オフィス、田口さんがUIを改善したいと手を挙げたことがきっかけでトントン拍子で開設まで至ったのだという。ユミルリンクでは社員の自主性を重んじる社風があり、率先して動けば、自分の業務範囲をどんどん拡大し、チャレンジしていくことが可能だ。

ユミルリンクの開発現場や沖縄オフィスについて聞きたい方、一度遊びに来ませんか?

 ユミルリンクの沖縄オフィス勤務に少しでも興味を持った方、まずはオフィスに遊びに来てみませんか?少しでも興味を持った方は、ぜひ下記のフォームからお気軽にご応募ください!

 ユミルリンク沖縄オフィス様子や、田口さんについては下記のサイトでもっと詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 伊藤 真美(イトウ マミ)

    エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

バックナンバー

連載:キャリアインタビュー
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5