Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

ComponentOne Studio for WPFでアプリケーションからWord、PDFを取り扱う

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/01/10 14:00

目次

PDF形式でファイルを表示する

 C1PdfViewer for WPFを用いてPDFをアプリケーションに表示する方法を紹介します。

PDF形式の表示方法

 PDFを表示する方法を解説します。

参照の追加

 ソリューションエクスプローラーの「参照」を右クリック→「参照の追加」をクリックします。

参照の追加
参照の追加

 左ナビの「アセンブリ」→「拡張」から「C1.WPF JPN 」と「C1.WPF.PdfViewer JPN」にチェックを入れ、右下の「OK」をクリックします。

C1.WPF.PDF PdfViewrの追加
C1.WPF.PDF PdfViewrの追加

画面へのC1PdfViewerの追加

 ツールボックスからMainWindows.xamlにC1PdfViewerを追加します。

画面へのC1PdfViewerの追加
画面へのC1PdfViewerの追加

 追加したC1PdfViewerには以下のようにNameプロパティを設定します。

画面へのPdfViewerの追加
<Grid>
    <c1:C1PdfViewer x:Name="PdfViewer" HorizontalAlignment="Left" Margin="6,29,0,0" VerticalAlignment="Top"/>
</Grid>

usingの追加

 MainWindow.xaml.csに以下のusingを追加します。

usingの追加
using C1.WPF.Pdf;

処理の記述

 MainWindow.xaml.csに処理を記述します。

 コードはドキュメントフォルダにsample.pdfというファイルがある前提で記述されています。

C1PdfViewerにPDFファイルを表示する
// ドキュメントフォルダーのパス
string document_path = Environment.GetFolderPath(Environment.SpecialFolder.MyDocuments);

// ファイル名
string file_name = "sample.pdf";

// PDFファイルのロード
this.PdfViewer.LoadDocument(document_path + System.IO.Path.DirectorySeparatorChar + file_name);

 実行すると以下のようにPDFを読み込んで表示できます。

PDFの読み込み
PDFの読み込み

C1Pdfで作成したPDFの表示方法

 C1PdfのC1PdfDocumentクラスを用いて作成したPDFを読み込むこともできます。

C1PdfDocumentのデータを表示する
// C1PdfDocumentを作成する
C1PdfDocument pdf = new C1PdfDocument();

Rect rect = new Rect(30, 30, 120, 120);

Font font = new Font("Segoe UI", 12);
String text = "PDF Sample";

// テキストをPDFに書き込む
pdf.DrawString(text, font, Colors.Black, rect);

//内容をStreamに保存
MemoryStream stream = new MemoryStream();
pdf.Save(stream);

// 忘れずにSteamをシークする
stream.Seek(0, SeekOrigin.Begin);

// ロードする
this.PdfViewer.LoadDocument(stream);

まとめ

 業務系アプリケーションにおいて、アプリケーションのデータをWordやPDFで出力できるという付加価値は新たな提案につながるでしょう。

 ComponentOne Studio for WPFを利用すれば、WordやPDFへの出力が少ない工数で実装できます。また、本記事では紹介しませんでしたが、ComponentOne Studio for WPFではExcelファイルを扱う機能も提供しています。次回は、ComponentOne Studio for WPFを用いてExcelファイルを取り扱う方法をご紹介します。

 これら、本記事で紹介した機能の概要だけでも記憶にとどめて置き、提案に活かしていただければ幸いです。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5