Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

iPhone/iPadに関する記事とニュース

53件中1~20件を表示
  • 2016/10/12

    Xamarinを始めよう ~テンプレートをビルドする~

     Xamarin(「ザマリン」と読みます)は、C#を用いてiOSとAndroidのアプリケーションを開発するためのライブラリおよび開発環境です。XamarinはMicrosoftよりVisual Studioの一部として提供されていますが、Mac版の開発環境も存在しており、Mac上でC#を用いてiOS/Androidアプリを開発することも可能です。前回(第1回)では、Xamarinをインストールしました。今回は、いよいよXamarinのテンプレートを使って簡単なiOS/Androidアプリを作成...

  • 2016/09/21

    Watson IoT PlatformとNode-REDで、Wio Nodeのセンサーデータ取得とデバイスへのデータ出力を体験してみよう

     IBM Bluemixは、PaaS(Platform as a Service)として皆さんに最強の開発環境を提供します。Bluemixの特徴として、開発基盤だけではなく、100を超えるサービス「IBM Watson、ランタイム、IoT、Storage(DB)、アナリティクス、モバイル」など、豊富な開発環境やAPIがシンプルな形で提供されており、より素早くアプリケーションを構築&運用することが可能です。「IBM Bluemix User Group(BMXUG)リレー寄稿」では、コミュニティの...

  • 2016/09/15

    Delphiでデバイス機能をこってり使いつつマルチデバイス対応してみる

     デバイス搭載のセンサーなどの機能を利用したアプリケーションを開発する場合、単一コードでiOSとAndroidの双方に対応するのは困難です。しかし、Delphiのフレームワークを用いれば、コンポーネントがプラットフォームの差異を吸収してくれるので、単一コード開発が実現できます。この記事では、DelphiでGPSや加速度センサーを利用するアプリケーションを、単一コードで開発する方法を紹介します。

  • 2016/09/08

    Xamarinを始めよう ~概要とインストール~

     みなさん、Xamarinはご存じでしょうか? Xamarin(「ザマリン」と読みます)は、C#を用いてiOSとAndroidのアプリケーションを開発するためのライブラリおよび開発環境です。XamarinはMicrosoftよりVisual Studioの一部として提供されていますが、Mac版の開発環境も存在しており、Mac上でC#を用いてiOS/Androidアプリを開発することも可能です。本記事では、Xamarinの概要の紹介およびインストールについて解説します。また、次回以降では、より具体...

  • 2016/09/07

    IBM Cloud Tools for Swiftをつかって、KituraでWebAPIを作ろう

     IBM Bluemixは、PaaS(Platform as a Service)として皆さんに最強の開発環境を提供します。Bluemixの特徴として、開発基盤だけではなく、100を超えるサービス「IBM Watson、ランタイム、IoT、Storage(DB)、アナリティクス、モバイル」など、豊富な開発環境やAPIがシンプルな形で提供されており、より素早くアプリケーションを構築&運用することが可能です。今回の「IBM Bluemix User Group(BMXUG)リレー寄稿」では、コミュニ...

  • 2016/05/12

    5分でわかるActiveReports帳票-ActiveReports Server(応用編)

     本連載では、帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 9.0J」の新機能を使用して帳票アプリケーションを作成する方法を解説します。第8回の今回は、9.0Jで追加された新機能である「ActiveReports 9.0J Server」の応用的な使用方法について説明します。なお、ActiveReports 9.0J ServerはProfessional版のみの機能です。

  • 2016/04/05

    iOSアプリできれいなグリッドやグラフを表示しよう

     本連載では、表計算ソフトのような表示が可能なモバイルアプリを開発できる「Xuni」について解説します。前回までは、AndroidでXuniを使用して、グリッドやグラフの表示したり、クラウド上のデータと連携したりといった機能をご紹介しました。今回は、iOSでXuniを動かしていきます。

  • 2016/03/11

    iOSとAndroidのUXの違いを実際に作りながら理解してみる

     今回はマルチデバイス開発におけるUX(ユーザーエクスペリエンス)の違いについて取り上げます。実際にDelphiでアプリを作りながら、OSごとの違いを理解し、その違いに対処する方法を見ていくことにします。

  • 2016/03/04

    5分でわかるActiveReports帳票-ActiveReports Server(運用編)

     本連載では、帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 9.0J」の新機能を使用して帳票アプリケーションを作成する方法を解説します。第7回の今回は、9.0Jで追加された新機能である「ActiveReports 9.0J Server」を運用していく上で必要な、ユーザーやロールなどのセキュリティ設定やスケジュール実行の方法について説明します。なお、ActiveReports 9.0J ServerはProfessional版のみの機能です。

  • 2016/01/26

    クロス開発ツール「Xojo」での一歩進んだiOSアプリ開発 ~ ネットワーク通信、DB連携からビルドまで

     本連載ではグレープシティが日本語版を提供する統合開発環境「Xojo(ゾージョー)」を用いたiOSアプリの開発について紹介します。前回は画面切り替えやテーブル・タブといった基本的な画面表示を中心に解説しましたが、今回はスマホアプリに欠かせないネットワーク通信とデータ操作、iOSネイティブ機能の利用について説明します。またXojoのアプリを端末実機で動作させる方法や、App Storeで公開するためのアプリビルド方法についても紹介します。

  • 2016/01/13

    5分でわかるActiveReports帳票-ActiveReports Server(導入編)

     本連載では、帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 9.0J」の新機能を使用して帳票アプリケーションを作成する方法を解説します。第6回の今回は、9.0Jで追加された新機能である「ActiveReports 9.0J Server」の概要と導入方法を紹介します。なお、ActiveReports 9.0J ServerはProfessional版のみの機能です。

  • 2015/12/24

    アルバムアプリをモバイル対応するためにDelphiサーバーアプリを作成してみる

     前回作成したアルバムアプリをスマートフォンなどで使おうとすると、ローカル環境に写真を保存するだけでなく、クラウドなどのサーバー環境に保存したくなります。今回は、そんなサーバー側のアプリを、コンポーネントを使って簡単に実装してみます。

  • 2015/12/18

    アプリ開発が趣味から仕事へ――『ほんきで学ぶSwift+iOSアプリ開発入門』加藤勝也さんインタビュー

     いまやモバイルアプリ開発はiOSとAndroid、両方でできなくてはならない時代になりました。iOSアプリの開発を趣味からでも始めたい方におすすめするのが『ほんきで学ぶSwift+iOSアプリ開発入門』です。今回、まさに趣味から仕事にしてしまった著者の加藤勝也さんにお話をうかがいました。

  • 2015/12/14

    VBライクなクロス開発ツール「Xojo(ゾージョー)」でiOSビジュアル開発をはじめよう

     本連載ではグレープシティが日本語版を提供する統合開発環境Xojo(ゾージョー)を用いたiOSアプリの開発について紹介します。XojoはWindows/Mac/Linux/Raspberry PiのネイティブアプリやWebアプリをクロスプラットフォームで開発できるツールですが、本連載ではiOSアプリの開発にフォーカスして説明します。Xojoを利用すると、iOS専用の言語や開発ツールを用いずにiOSアプリを手軽かつ高速に開発できます。

  • 2015/09/17

    DelphiアプリケーションをWindows 10対応したついでにiOSとAndroidにも対応してみた

     Windows 10に対応したDelphiの新バージョン10 Seattleで、以前作成したアルバムアプリをWindows 10対応するように修正を加えてみます。さらに、マルチデバイス対応の機能を使って、同じアプリをiOS、Androidのマルチデバイスにも展開してみようと思います。

  • 8724_t.gif
    2015/06/10

    Objective-Cのライブラリを利用してSwiftアプリを作成する

     本連載では、Objective-Cの基本的なプログラムが出来る読者を対象に、Swiftを使ってアプリを開発する際の基本的な事柄を解説します。Objective-CもSwiftもC言語を母体としたプログラム言語なので両者に共通する概念は非常に多いです。Objective-CとSwiftとの最低限度の違いを踏まえつつ、Swiftでのアプリ開発にシフトして行けるような内容を、サンプルを交えながら解説します。今回は、SwiftにObjective-Cのライブラリを利用して、アプリを作成する方法について...

  • 8641_t.gif
    2015/05/12

    SwiftからObjective-Cを利用する

     本連載では、Objective-Cの基本的なプログラムが出来る読者を対象に、Swiftを使ってアプリを開発する際の基本的な事柄を解説します。Objective-CもSwiftもC言語を母体としたプログラム言語なので両者に共通する概念は非常に多いです。Objective-CとSwiftとの最低限度の違いを踏まえつつ、Swiftでのアプリ開発にシフトして行けるような内容を、サンプルを交えながら解説します。今回はSwiftからObjective-Cを呼び出す方法の基本について解説します。

  • 8473_thumb.gif
    2015/03/05

    SwiftでアプリのUIと画面の操作を実装する

     本連載では、Objective-Cの基本的なプログラムが出来る読者を対象に、Swiftを使ってアプリを開発する際の基本的な事柄を解説します。Objective-CもSwiftもC言語を母体としたプログラム言語なので両者に共通する概念は非常に多いです。Objective-CとSwiftとの最低限度の違いを踏まえつつ、Swiftでのアプリ開発にシフトして行けるような内容をサンプルを交えながら解説します。今回は、アプリの画面にUI部品を配置する方法/それらの操作時の処理について説明します。

  • sign_c.png
    2015/02/27

    Objective-Cより柔軟かつ安全なプログラミングを可能にするSwiftの「ジェネリクス」

     ジェネリクスは、静的型付きプログラミング言語で、セットやタプルといったオブジェクトの集合(コレクション)の基盤となる言語機能です。ジェネリクスにより、型の安全を維持しつつ、1つのコレクション定義で多様なオブジェクトの集合を扱うことが可能になっています。今回はSwiftにおけるジェネリクスについて解説します。

  • 8425_thumb.gif
    2015/02/09

    Swiftでアプリの画面を作ろう! ~Objecive-Cとの比較で学ぶ

     本連載では、Objective-Cの基本的なプログラムが出来る読者を対象に、Swiftを使ってアプリを開発する際の基本的な事柄を解説します。Objective-CもSwiftもC言語を母体としたプログラム言語なので両者に共通する概念は非常に多いです。Objective-CとSwiftとの最低限度の違いを踏まえつつ、Swiftでのアプリ開発にシフトして行けるような内容を、サンプルを交えながら解説します。今回は、アプリの画面を作成する方法について説明します。

53件中1~20件を表示
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5