Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

著者情報

  • 又村 洋史(マタムラ ヒロフミ)

    株式会社イノーヴ

    WEBクリエイター。キャンペーンサイト・コーポレートサイト・ECサイトを中心に手がける。
    土日はWEBの学校クスールで非常勤講師としてJavaScriptなどを教えています。日々学ぶことばかり。個人ブログ「Deconcepter」ではWEBに関わる人が押さえておきたい情報の発信に務めています。

    Twitter: @deconcepter 
    Facebook: https://www.facebook.com/deconcepterjp

執筆記事

  • 7545_t.gif
    2013/12/18

    Photoshop Generatorプラグインの作り方

     前回は、サードパーティ製アプリケーションとの相互運用性を高める「Generatorテクノロジー」で何ができるようになったかを、PhotoshopやEdge Reflowを使ったワークフローを交えつつ、具体的に紹介しました。本稿では、node.jsアプリケーションとして実装されているGeneratorプラグインを自作し、機能拡張する方法を詳しく解説します。

  • 7523_t.gif
    2013/12/06

    外部ツールと連携しやすくするPhotoshopの新機能「Generatorテクノロジー」と、Edge Reflowとの連携ワークフロー

     先日アドビからサードパーティ製アプリケーションとの相互運用性を高めるプラットフォーム「Generatorテクノロジー」が発表され、Creative Cloudで提供が開始されました。多様な制作ニーズへ柔軟に対応できるよう、psdファイルの状態変化の補足やファイル情報の取得などをJavaScriptから操作可能なプラットフォームとして提供されています。本稿ではGeneratorの搭載でどのようなことが可能になったのかを見ていきます。

  • 7452_t.gif
    2013/10/21

    JavaScriptとHTML/CSSで行う、軽量エディタ「Adobe Edge Code」の拡張機能開発

     前回までで触れている通り、Edge Code CC(以下Edge Code)はAdobe Brackets(以下Brackets)をベースに作られており、Brackets用に作られた拡張機能をEdge Codeで使うことができます。Edge Codeでこのまま拡張機能の開発を行いたいところですが、BracketsにはEdge Codeにはないデバッグ機能が備わっており、効率的な開発を行うためにも、Bracketsで拡張機能を開発することをお勧めします。

  • 7398_t.gif
    2013/09/26

    「Adobe Edge Code」で使える、コーディングを加速させる様々なプラグイン

     Edge Codeはエディタ自体がHTML5で構築されており、拡張機能もHTML5で作成されています。前回までで触れている通り、Edge CodeはBracketsのディストリビューションであることから、Bracketsの拡張機能はEdge Codeでもほぼそのまま利用可能です。「ほぼ」と書いたのは、Bracketsはバージョンアップの頻度が高く、最新のBrackets用の拡張機能が使えない場合もあるためです。

  • 7370_t.gif
    2013/09/09

    「Adobe Edge Code」の基本操作と、コーディングを爆速化する厳選ショートカット

     本記事は、Edge Code CC Previewの内容をもとに執筆したものです。今後の開発において、機能や操作方法が変更となることがあります。Edge CodeはAdobe Creative Cloudから入手でき、無償メンバーでも利用できます。前回の導入に続いて、今回はAdobe Edge Code(以下、Edge Code)基本操作について網羅していきたいと思います。

  • 7354_t.gif
    2013/08/28

    Web制作者必見! 軽量でオープン、拡張性の高い次世代エディタ「Adobe Edge Code CC」

     Web制作ツールとして軽量エディタが最近人気を集めていますが、数々のクリエイティブツールを手掛ける業界の雄、Adobeがその粋を集めて同市場に投入するのが「Adobe Edge Code」です。ツール自身がHTML5とJavaScriptで、一からオープンソースプロジェクトとして制作されており、オープンで拡張性が高いことも魅力の一つ。本連載では、この最新ツールの導入手順から基本操作、使いこなしテクニック、拡張手段まで、短期集中でその魅力を解きほどいていきます。

  • 7012_t.gif
    2013/02/27

    レスポンシブWebデザインのモックアップを簡単に作成できる「Adobe Edge Reflow」の使い方

     本記事は、Adobe Edge ReflowのPreview版の内容をもとに執筆したものです。今後の開発において、機能や操作方法が変更となることがあります。Edge Reflowは現在Adobe Creative Cloudから入手でき、無償メンバーでも利用できます。

7件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5