Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

著者情報

  • 飯尾 淳(イイオ ジュン)

    1970年生まれ。株式会社三菱総合研究所 情報通信技術研究本部 情報技術研究グループ 主任研究員。専門は、画像処理とユーザインタフェース……のはずが、なぜか最近はOSS普及振興の手伝いで多忙な毎日を過ごしている。著書に「Linuxによる画像処理プログラミング」、「リブレソフトウェアの利用と開発~IT技術者のためのオープンソース活用ガイド~」など。技術士(情報工学部門)。

執筆記事

  • 534_t.gif
    2006/08/31

    不完全なHTMLを動的にタッチアップ

    本稿では、Internet Explorerに特化したコンテンツをFirefoxなど他のブラウザでも正しく閲覧できるようにするための仕組みとして、Greasemonkey拡張機能を利用したコンテンツのタッチアップと、そのためのスクリプトを管理するシステムであるTouchUpWebプロジェクトを紹介します。

  • 389_t.jpg
    2006/05/24

    GTK+プログラミング:プレゼンテーション支援ツールの開発

    本稿では、2台のPC、またはデュアルディスプレイを備えたPCを使ってアンチョコ付きプレゼンテーションを手軽に実現するツール「Prompter」を例題に、GTK+プログラミングのエッセンスを紹介します。プログラムはLinuxで作成していますが、OSに依存する部分が少ないため他のUnix系OSでも動作させるようにすることは難しくはありません。またプレゼンテーション画面を表示する側のPCは、X Window Systemのサーバが動作していればOSを問わないので、MacやWindowsでも利用できるで...

  • 196_t.gif
    2005/10/31

    EffecTVによるリアルタイムビデオイフェクト

    本稿では、Linuxで動作するリアルタイムビデオイフェクトのアプリケーションであるEffecTVを紹介し、イフェクトプラグインの動作原理と作り方を紹介します。リアルタイムビデオ画像処理は、簡単な原理で面白い効果を生み出します。可変サイズのモザイク処理を例題に、EffecTVにおけるイフェクトプラグインの動作原理を解説します。

3件中1~3件を表示
戻る


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5