Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

著者情報

執筆記事

  • 373_t.jpg
    2006/05/08

    テンプレートエンジンNVelocityを活用してテキストを生成する

    本稿では、雛形(テンプレート)として用意しておいたテキストファイルをアプリケーションの実行時に読み込み、動的に値を埋め込める「NVelocity」というプロダクトを紹介します。NVelocityを利用すると、柔軟なテキストの生成や、保守性の高いアプリケーションの構築が可能になります。

  • 2006/04/06

    NAntを活用して開発時の作業を自動化する

    アプリケーションを開発していると、同じような作業を繰り返さなければいけないことがあります。このような定型作業は、オープンソースのビルドツールNAntを使って自動化すると、ちょっとした手間を省くことができ、プログラミングに専念できるようになります。

  • 336_t.jpg
    2006/03/14

    JMeterでWebアプリケーションのパフォーマンス測定を行う

    多くのリクエストを処理しなければならないWebアプリケーションでは、十分なリクエストを処理できるだけの耐久性が求められます。本稿では、それを調査するために、Apache Jakarta Projectで開発が進められているJMeterを使用して、Webアプリケーションの負荷テストの方法を解説します。

  • 303_t.jpg
    2006/02/07

    S2DaoでXMLレスなO/Rマッピングを行う

    Dao(Data Access Object)とは業務システムで良く利用されるデータベースにアクセスするパターンです。本稿では、このDaoの実装に有効な「S2Dao」というO/Rマッピングツールについて紹介します。

  • 302_t.jpg
    2006/02/06

    Apache GeronimoでWebサービス/アプリケーションを稼動させる

    本稿では、オープンソースである、Apache発のJ2EE準拠アプリケーションサーバ「Geronimo」を稼動させ、Apache AxisとWebアプリケーションをデプロイする方法について解説します。

  • 296_t.jpg
    2006/02/01

    OSCacheのキャッシングでWebアプリケーションのパフォーマンスを向上する

    多数のクライアントからのリクエストを処理するWEBシステムでは、パフォーマンスの問題が重要であり、その解決策の一つとして「キャッシング」技術があります。本稿では、J2EEキャッシングフレームワーク「OSCache」を使ったWEBコンテンツのキャッシング方法を、サンプルを用いて紹介します。

  • 254_t.jpg
    2006/01/17

    mavenのプラグインを作成して独自のレポートを追加する

    mavenは、プロジェクトの情報をまとめたサイトを自動生成する機能が標準で備わっています。標準のままでも豊富なレポートを利用できますが、独自のレポートを追加できれば、より円滑にプロジェクトを進めることができるでしょう。今回は、その方法を具体的な例を基に詳しく解説します。

855件中827~833件を表示



All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5