Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

著者情報

執筆記事

  • 156_t.jpg
    2005/09/01

    NHibernateを利用してSQLを書かずにデータベースにアクセスする方法

    本稿では、「NHibernate」というオープンソースのプロダクトについて紹介します。NHibernateは、SQLを書かずにテーブルのデータとクラスをシームレスに変換させるO/Rマッピングを実現するため、コーディングの量を軽減することができます。

  • 2005/08/31

    Log4J コネクションプーリング対応JDBCAppenderでパフォーマンスを向上する

    Log4Jに付属するJDBCAppenderはDBロギングのためのクラスですが、DBのコネクションプーリングに対応していません。本稿ではJDBCAppenderを拡張し、DBのコネクションプーリングに対応したカスタムのアペンダーを作成する方法を紹介します。

  • 133_t.jpg
    2005/08/05

    AndroMDAでMDAの世界を体験する(コード分析編)

    MDA対応ツールのAndroMDAはUMLから実行可能なJ2EEアプリケーションの自動生成が可能です。本稿では、AndroMDAによって自動生成されたStruts、Spring、Hibernateのコードを解析します。

  • 132_t.jpg
    2005/08/04

    AndroMDAでMDAの世界を体験する(コード生成編)

    AndroMDAを使用して、Struts、Spring、Hibernateのソースを自動生成するMDA開発プロセスの実践例を紹介します。モデリングから実行までを本稿では説明します。

  • 131_t.jpg
    2005/08/03

    OpenOffice.orgとJooReportsを利用してJavaからPDFを出力する

    Webシステムにおいて帳票はPDFで出力することが一般的になっていますが、そのためには高価なツールを購入する必要があります。本稿では、OpenOffice.orgとJooTemplates、JooConverterを利用して、簡単にPDF帳票を作成する方法を解説します。

  • 113_t.jpg
    2005/07/14

    iBATIS.NETにてO/Rマッピングを行う(DAO Framework編)

    データベースを実装する際に「iBATIS.NET」を導入すると、プログラムからSQLを分離したり、パーシステンス層とサービス層を分離したりして、データベースの管理を簡単にすることができます。本稿では、このiBATIS.NETに含まれるの2つのフレームワークのひとつ「DAO Framework」について紹介します。

  • 112_t.jpg
    2005/07/13

    iBATIS.NETにてO/Rマッピングを行う(SQL Maps編)

    データベースを実装する際に「iBATIS.NET」を導入すると、プログラムからSQLを分離したり、パーシステンス層とサービス層を分離したりして、データベースの管理を簡単にすることができます。本稿では、このiBATIS.NETに含まれるの2つのフレームワークのひとつ「SQL Maps」について紹介します。

849件中834~840件を表示



All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5