Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「C/C++」記事一覧

198件中61~80件を表示
  • 6539_t.gif
    2012/06/06

    WPFアプリケーションで腕試し ~C++でもWPFアプリを

     WPFアプリケーションのひな形を起こせるのはC#とVBだけなのがC++屋には面白くない。そこで本稿では、C#,VB,C++/CLI,C++を全部使ったWPFアプリの実装を試みます。

  • title.jpg
    2012/06/04

    C++Builder XE2+FireMonkeyで昔のラケットゲームを再構築してみる(1)

     15年前のC++Builder入門書で紹介されていたクラシックなラケットゲームを、最新のC++Builder XE2とFireMonkeyフレームワークを使って再構築してみます。最新の開発環境を使うことで、改めてC++Builderのビジュアル開発の仕方を理解するとともに、旧バージョンとの違いも明らかになるでしょう。

  • 6575_t.gif
    2012/05/11

    C++Builder XE2 + FireMonkeyで「アハ」なアプリを作ってみる

     C++Builder XE2(およびDelphi XE2)に搭載されたFireMonkeyフレームワークを用いれば、アプリケーションに簡単にアニメーション効果を追加することができます。今回は、このアニメーション効果を利用して、ちょっと面白いアプリケーションを作成してみました。

  • title.gif
    2012/04/02

    Visual Studio 11 : C++ Unit Test Framework ── C++単体テストの決定版(かもしれない)

     2月末日、Windows 8 Consumer Previewと共にVisual Studio 11 Betaがリリースされました。まぎれもなく「現時点で最新のWindows開発環境」なわけで、このテのオモチャに目のない僕は早速インストールしたわけです。

  • 2012/02/24

    「なぜsetを使っちゃいけないの?」

     お仕事が一段落し、C++と遊ぶ少しばかりの時間ができたので、ここのところしばらくご無沙汰していたBoostを触っています。現時点(2012/02)での最新版は1.48.0、しばらく見ないうちにずいぶんと成長している様子です。

  • title.gif
    2011/08/31

    インテルTBBの同期メカニズム

     この記事では、しばらくほったらかしていたインテルTBB(Threading Building Blocks)を久々に取り上げてみます。今回のテーマは「スレッドの同期(Synchronization)」です。

  • 2011/07/27

    「ソートも、サーチも、あるんだよ」 ~標準C++ライブラリにみるアルゴリズムの面白さ

     僕がこのCodeZineに寄せた記事の中にはソートを題材としたものがいくつか(いくつも?)あります: マージソート、ヒープソート、そしてマルチスレッドで高速化した単純選択ソート。僕がソートをネタにする理由はいたって単純、「楽しいから」なんですね。

  • 5927_t.gif
    2011/05/26

    C++でWebアプリケーションを開発できる ~ 高性能フレームワーク「TreeFrog Framework」

     本稿では「C++でも簡単にWebアプリケーションを開発したい!」という声にお応えして、C++によるフルスタックのWebフレームワーク「TreeFrog Framework」を紹介します。C++で開発する最大のメリットは、アプリケーションが高速かつ少ないメモリ使用量で動作することです。Webアプリケーション自体がさらに高速に動作すれば、より少ない数のサーバで多くのリクエストを処理することが可能になるでしょう。

  • 5531_t.gif
    2010/12/14

    StateパターンでCSVを読む

    昼メシを賭けて同僚から頼まれたCSVファイルの処理プログラム。見通しよくデザインするために、Stateパターンを使ったC++での実装例を紹介します。

  • 5590_t.gif
    2010/11/26

    ハイエンドなアプリケーションのためのツール・スイート「インテル Parallel Studio XE 2011」

     2010年11月10日にエクセルソフト社より発売された「インテル Parallel Studio XE 2011」は、並列アプリケーション実装を行うためのコンパイラーと分析ツールを含むスイート製品です。本記事ではC++ Composer XE、Inspector XE、VTune Amplifier XEの新機能について解説します。

  • 5454_t.jpg
    2010/09/27

    並列化の力強い相棒であり先生とも言える 最新版「インテルParallel Studio 2011」の真価とは

     インテルは、9月3日に最新版の並列化サポートツール「インテルParallel Studio 2011」をリリースした。1年半ぶりのバージョンアップで、インテルParallel Studioはどのように進化したのか。米インテルソフトウェアからプロモーションのために今回も来日した、セールスとマーケティングを統括するフィル・ デ・ラ・ゼルダ(Phil De La Zerda)氏の話も交えながら、新バージョンの特徴を紹介する。

  • 5439_t.gif
    2010/09/17

    .NETでマンデルブロ集合を描く(番外編)

     ビデオカードに搭載されたGPUの計算能力をアプリケーションに利用するGPGPU。OpenCLはひとつのソースコードであらゆる計算デバイスを利用できる標準規格です。OpenCL C++ Bindingを用いたマンデルブロ集合の高速計算を試みます。  

  • 2010/08/10

    shared_ptrによるObserverパターンの実装

     C++0xのshared_ptrを使って、ガベージコレクタのないC++で、少し実用的なObserverパターンを実装してみます。また、Bridgeパターンでコードをさらにブラッシュアップさせます。

  • 2010/08/05

    時間のかかる処理で「処理中」を表現する(後編)

     本連載では、C++とWin32 APIを利用して「(応答なし)」を表示せずに長い時間作業を行うための方法を、2回に分けて紹介します。前編では、古くから伝わる伝統的手法を用いて、応答なしにならない方法を紹介しました。後編となる今回は、最新技法を用いて応答なしにならない方法を紹介します。

  • title.gif
    2010/07/30

    時間のかかる処理で「処理中」を表現する(前編)

     Vistaになって顕著に表れるようになった「(応答なし)」。Windows 7で若干減ったものの、見かける状況に変わりはありません。本連載では、C++とWin32 APIを利用して「(応答なし)」を表示せずに長い時間作業を行うための方法を、2回に分けて紹介していきます。

  • t.gif
    2010/07/21

    OpenMPにおける変数の扱いと並列リダクション

     この連載は、OpenMPを通じて並列処理の考え方をお伝えすることを目的としています。今回はOpenMPの変数の取り扱いについて解説します。変数に関する事柄は地味ですが、正しく並列プログラミングをするためには、変数の扱い方をよく知らねばなりません。

  • 2010/07/12

    Visual C++ 2010に追加されたSTLコンテナ「forward_list」

     前回はVisual C++ 2010(以下、VC10)に追加されたアルゴリズムを一挙に紹介しましたが、今回は新しいコンテナの一つ「forward_list」について、特性や特徴をlistと対比しながら紹介します。

  • title.gif
    2010/07/07

    インテルTBBのスレッドクラス

     本連載では、C++プログラムで並列処理を行うアプローチを提供するテンプレートライブラリ「インテルスレッディング・ビルディング・ブロック」(インテルTBB)について解説します。

  • 2010/06/16

    Visual C++ 2010に追加されたSTLアルゴリズム

     本稿ではVisual C++ 2010で新たに追加されたSTLアルゴリズムを一気に紹介します。プロトタイプと説明/サンプルが淡々と続きます。適宜リファレンスとしてお使いください。

  • t.gif
    2010/06/14

    OpenMPのメモリモデルとfork-joinモデル

     今回はOpenMPの変数に関連する事柄について解説します。正しく並列プログラミングをするためには、メモリモデルを理解する必要がありますので、丁寧 にメモリモデルの解説も行います。

198件中61~80件を表示
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5