Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Java」記事一覧

402件中361~380件を表示
  • 211_t.jpg
    2005/11/21

    RGB値をHSV値に変換して補正するレタッチ機能

    画像の色は一般にRGB値で表されますが、人間の感覚に近いのは、「色相」「彩度」「明度」を用いるHSV(またはHSB)表色系です。画像の色の補正にHSVを用いる方法を実装し、RGB値とHSV値との相互の関係を理解しやすくしました。

  • 200_t.jpg
    2005/11/04

    LDAPとJNDIでシングルサインオン可能なWebを作る

    ディレクトリサーバーのエントリデータを操作(CRUD:新規登録・抽出・更新・削除)する簡単なWebアプリケーションにより、JavaからLDAPを操作する方法を紹介します。

  • 195_t.jpg
    2005/10/27

    対数目盛を含むグラフ上での最小二乗法の実装

    実験結果をグラフに表示する時、測定点をプロットしてから、測定点に近い直線や二次曲線などを描くことがあります。ここでは、これを自動的に行うプログラムを紹介します。この作業は「最小二乗法」が用いられますが、対数目盛を含む各種グラフの座標上で回帰直線を求め、指数関数、対数関数、冪(べき)関数にも対応できるよう工夫しました。

  • 193_t.jpg
    2005/10/24

    Javaで作るルーム機能付きチャットサーバー

    Javaでルーム機能付きのチャットサーバーおよびチャットクライアントアプリケーションを開発する方法を解説します。

  • 171_t.jpg
    2005/10/12

    AjaxTags・AjaxFacesを利用したサーバーサイドプログラミング

    Ajaxを利用してリッチなUIを構築するためには、サーバサイドもさることながら、JavaScriptを使ったクライアントサイドの複雑なコーディングを行う必要があります。本稿で紹介するAjaxTags・AjaxFacesを利用すると、JSPタグを記述するだけで、JavaScriptのコーディングを行わずにAjaxを使用することができます。

  • 179_t.jpg
    2005/10/11

    写真を油彩画のように変換する簡易フィルタの実装

    カメラなどで撮った自然画像を絵画のように変えてみたいことがあります。著名な市販レタッチソフトや、他の有償無償の画像ソフトにもこの種の機能が含まれています。本稿では比較的単純な手法で、油彩画に似た絵画調の画像を作成する方法を紹介します。

  • 177_t.jpg
    2005/10/07

    Mavenを利用してオールインワンのプロジェクト環境を構築する

    本稿では、Mavenの導入と基本的な使用方法について解説します。mavenにはソフトウェア開発のプロジェクトをサポートするために、定義済みの典型的な開発ライフサイクル、各種レポートの自動生成、最新モジュールの自動ダウンロードといった機能があります。これらの機能を、具体的なプロジェクトのイメージを想定して順に紹介していきます。

  • 174_t.jpg
    2005/10/06

    ズームとパンの機能を備えたドローソフトを作成する

    本稿では、ズーム(拡大縮小)とパン(平行移動)を行え、さらに描画操作を継続できるようなドローソフトを作成します。Java2DのGraphics2DコンテキストとAffineTransformクラスを活用することで、座標変換に伴う計算を簡単なコードで実現しています。

  • 170_t.jpg
    2005/09/30

    ServerSocketを利用した簡易HTTPサーバーの自作

    ServerSocketを利用すると、パフォーマンスを無視すれば簡単にサーバーアプリケーションを作ることができます。本記事では、単純なHTTPサーバーの実装を例にして、ServerSocketの利用方法を解説します。

  • 169_t.jpg
    2005/09/26

    Struts-LayoutタグライブラリでリッチなUIを作成する

    JSF(Java Server Faces)、Flex、Curlなど昨今のWebアプリケーションはリッチで、生産性の高いUIに注目が集まっています。本稿では、実績のあるStrutsのtaglibを拡張したStruts-Layoutで簡単にリッチなUIを作成する方法をご紹介します。

  • 163_t.jpg
    2005/09/16

    離散した点を補間してグラフを描画する方法

    実験結果をグラフに表示する時、測定点をプロットしてから、その間を自在定規などで結んだ経験があると思います。本稿では、これを自動的に行うプログラムを紹介します。このような作業は「補間」(Interpolation)と呼ばれ、色々な方式があります。

  • 164_t.jpg
    2005/09/15

    アドベンチャーゲームに活用できるフラグ管理のやり方

    ゲームでは、その進行状況を「フラグ」と呼ばれるもので管理します。本稿では、シンプルなアドベンチャーゲームを作成することで、このフラグ管理の方法について解説します。

  • 2005/08/31

    Log4J コネクションプーリング対応JDBCAppenderでパフォーマンスを向上する

    Log4Jに付属するJDBCAppenderはDBロギングのためのクラスですが、DBのコネクションプーリングに対応していません。本稿ではJDBCAppenderを拡張し、DBのコネクションプーリングに対応したカスタムのアペンダーを作成する方法を紹介します。

  • 153_t.jpg
    2005/08/30

    Hough変換による画像からの直線や円の検出

    Hough変換は、画像から直線や円を検出する技法としてよく知られていますが、実用化には多くの問題点もあります。本稿では、最初に一般的なHough変換の基本プログラムを紹介し、次に交通標識認識への応用に特化したプログラムについて述べます。

  • 151_t.jpg
    2005/08/26

    Oracle JDBCドライバにオブジェクトの自動クローズ処理を追加する

    java.lang.reflectパッケージのProxyを利用すると、指定したインターフェイスに対して、そのインターフェイスを実装したクラスとインスタンスを動的に作ることができます。本稿では、Proxyによって既存のクラスへ処理を追加する方法、およびそれによって得られる効果について説明します。

  • 133_t.jpg
    2005/08/05

    AndroMDAでMDAの世界を体験する(コード分析編)

    MDA対応ツールのAndroMDAはUMLから実行可能なJ2EEアプリケーションの自動生成が可能です。本稿では、AndroMDAによって自動生成されたStruts、Spring、Hibernateのコードを解析します。

  • 132_t.jpg
    2005/08/04

    AndroMDAでMDAの世界を体験する(コード生成編)

    AndroMDAを使用して、Struts、Spring、Hibernateのソースを自動生成するMDA開発プロセスの実践例を紹介します。モデリングから実行までを本稿では説明します。

  • 131_t.jpg
    2005/08/03

    OpenOffice.orgとJooReportsを利用してJavaからPDFを出力する

    Webシステムにおいて帳票はPDFで出力することが一般的になっていますが、そのためには高価なツールを購入する必要があります。本稿では、OpenOffice.orgとJooTemplates、JooConverterを利用して、簡単にPDF帳票を作成する方法を解説します。

  • 129_t.jpg
    2005/08/02

    コンボリューションを用いた画像の平滑化、鮮鋭化とエッジ検出

    コンボリューション(畳み込み演算)を画像処理に使うと、画像を滑らかにしたり、シャープにしたりできます。本稿では、Java 2D APIを利用して、画像処理の基本となる平滑化、鮮鋭化、およびエッジ検出を実装する方法を解説します。

  • 2005/08/01

    放置されている未読メールを携帯に自動転送する

    「未読状態のまましばらく経過したメールを携帯に転送したい」という筆者のちょっとした悩みを解決するために書いたのが今回のプログラムです。このJavaMailを利用したプログラムは、IMAP形式のメールやLinux環境でも利用できます。

402件中361~380件を表示
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5