Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「JavaScript」記事一覧

273件中101~120件を表示
  • 7955_t.gif
    2014/08/21

    複数のブラウザで一度にJavaScriptのテストを行う

     本連載は、テストコードをこれから書こうと考えているJavaScript技術者を対象に、テストコードの意義からテスト駆動開発、JavaScriptでのテストコードの書き方、継続的インテグレーションなど、テスト全般にわたって解説します。また、原理原則だけでなくWhyから説明し、チームメンバーを巻き込みながら開発現場に活かせる考え方を総合的に解説します。第5回目の本稿は、JavaScriptのクロスブラウザのテスト方法をjs-test-driverを使って説明します。

  • my-first-gulp.png
    2014/08/20

    まずは「gulp」を動かしてみよう! ~セットアップとはじめてのタスク実行

     「gulp.js」は、フロントエンドの開発や製作で便利なタスクランナーです。最初のコミットから、まだ1年ほどの若いプロダクトですが、ここのところ耳にする機会が増えてきました。この連載では、インストールからその使いこなしまで、数回に渡って紹介していきたいと思います。JavaScriptプログラマだけでなく、HTML・CSSを扱う人、PhotoshopやIllustrator使いにもユーザが広まっています。本稿も、プログラマに限らず、広いユーザ層に読んでもらえたら幸いです。

  • 7903_t.gif
    2014/08/04

    HTML5 CanvasをjQueryライクに操作できるプラグイン「jCanvas」

     本連載では、JavaScriptライブラリとして利用頻度の高いjQueryとそのプラグインに着目して、その利用例を紹介します。今回取り上げるのは、HTML5の機能であるCanvasをより使いやすくするjQueryプラグイン「jCanvas」です。

  • 7868_t.gif
    2014/07/07

    jThreeプレーヤープラグインの使い方

     本連載では、jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree(ジェイスリー)」について、MMDプラグインを利用したコンテンツのコーディング例を紹介します。連載最終回となる今回はWebGLコンテンツ制作でよく使う機能を1つにまとめたjThreeプレーヤーを紹介します。

  • 7826_t.gif
    2014/06/30

    表現の幅を広げるWebGLライブラリ「jThree」の公式プラグイン

     本連載では、jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree(ジェイスリー)」について、MMDプラグインを利用したコンテンツのコーディング例を紹介します。連載5回目となる今回はWebGL表現の幅をさらに拡げるjThree公式プラグインを紹介します。前回までに作成したサンプルファイルをベースにMMDのモデルが歌って踊るサンプルと共に解説します。jQueryの基礎があれば難しくないので最後までお付き合いください。

  • 7825_t.gif
    2014/06/23

    WebGLライブラリ「jThree」を使ってjQueryの記法で3Dオブジェクトを操作する

     本連載では、jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree(ジェイスリー)」について、MMDプラグインを利用したコンテンツのコーディング例を紹介します。連載4回目となる今回はJavaScriptコーディング編としてjQueryの記法によって3Dオブジェクトを自在に操作する方法を紹介します。前回までに作成したGOMLファイルをベースに3Dオブジェクトが動くサンプルと共に解説します。jQueryの基礎があれば難しくないので最後までお付き合いください。

  • 7811_t.gif
    2014/06/20

    Webページ上に通知を表示するjQueryプラグインの紹介

     本連載では、JavaScriptライブラリとして利用頻度の高いjQueryとそのプラグインに着目して、その利用例を紹介します。今回は昨今のスマートフォンにおいてなじみ深い通知の表示をWebページ内で行うjQueryプラグインを紹介します。

  • 7786_t.gif
    2014/06/16

    jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree」の「GOMLファイル」使い方(head編)

     本連載では、jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree(ジェイスリー)」について、MMDプラグインを利用したコンテンツのコーディング例を紹介します。連載3回目となる今回は基礎知識として、画面に描画したい3Dオブジェクトを記述するためのjThree独自XMLである「GOMLファイル」の使い方(head編)を紹介します。さらに前回記述したbody要素と合わせてブラウザ上に描画するところまでサンプルと共に解説します。HTMLの基礎があれば難しくないので、最後までお付き...

  • 7785_t.gif
    2014/06/11

    jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree」の「GOMLファイル」使い方(body編)

     本連載では、jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree(ジェイスリー)」について、MMDプラグインを利用したコンテンツのコーディング例を紹介します。連載2回目となる今回は基礎知識として、画面に描画したい3Dオブジェクトを記述するためのjThree独自XMLである「GOMLファイル」の使い方(body編)を紹介します。まだ画面にモデルは表示されませんが、jThreeの核となる重要な知識です。HTMLの基礎があれば難しくないので、最後までお付き合いください。

  • 7787_t.gif
    2014/06/02

    JavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」の便利なウィジェットを試す

     本連載では、グレープシティが提供するJavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」について、サンプルとともに利用例を紹介します。今回はWijmoが提供する数多くのウィジェット(UI部品)の中からいくつかを取り上げて、コーディング例を通してその利用法を紹介します。

  • 7784_t.gif
    2014/05/29

    たった3KBのコードで3DCGモデルが歌って踊ってアングルも操作できる! jQueryベースのライブラリでMMDデータを活用したWebGLコンテンツを作ろう

     本連載では、jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree(ジェイスリー)」について、MMDプラグインを利用したコンテンツのコーディング例を紹介します。連載初回となる今回は、導入編として、jThreeが提供する機能の概要を説明するとともにコーディング手順を紹介します。さらにCanvasを自動生成し、マウスで動かせる立方体を描画してみて、シンプルな記述だけでコンテンツが作れることを感じていただきます。

  • 7729_t.gif
    2014/05/08

    JavaScriptでスパイ、スタブ、モックなどのテストダブルを行う

     本連載は、テストコードをこれから書こうと考えているJavaScript技術者を対象に、テストコードの意義から、テスト駆動開発、JavaScriptでのテストコードの書き方、継続的インテグレーションなどテスト全般にわたって解説します。また、原理原則だけでなくWhyから説明し、チームメンバーを巻き込みながら開発現場に活かせる考え方を総合的に解説します。第4回目の本稿は、JavaScriptでのテストダブルの方法を、Sinon.jsというJavaScriptテストダブルモジュールを使って説明します。...

  • 7736_t.gif
    2014/04/25

    WebアプリケーションにリッチUIをもたらす高機能JavaScriptライブラリ「Wijmo」(ウィジモ)

     本連載では、グレープシティが提供するJavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」について、サンプルとともに利用例を紹介します。連載初回となる今回は導入編として、Wijmoが実現する機能の概要やライセンス形態などを説明するとともに、Wijmoを用いてリッチなUIをシンプルな実装で実現する一例を紹介します。

  • 7700_t.gif
    2014/04/10

    JavaScript MVVMフレームワーク「JsViews」のJsObservableを使ったデータソースの変更と監視

     前回はJsViewsの概要と基本的な使い方を紹介しました。今回は、JavaScriptからデータソースの値を変更する方法を紹介します。

  • 7696_t.gif
    2014/04/01

    Node.jsのWebフレームワーク「Sails」を使ってpub/subアプリを作ってみる

     本連載ではTIS株式会社が提供している技術ブログ「Tech-Sketch」から「コレは!」というテーマをピックアップし、加筆修正して皆様にお届けしています。今回はNode.js上で利用できるMVCフレームワークであるSailsについて取り上げたいと思います。

  • 7647_t.gif
    2014/03/20

    jQuery Mobile 1.4の変更点と既存ページ対応のポイント(後編)

     本連載では、JavaScriptライブラリとして利用頻度の高いjQueryとそのプラグインに着目して、その利用例を紹介します。今回は前回から引き続き、jQuery Mobile 1.4の変更に既存のWebページを対応させるための修正ポイントを説明します。

  • 7646_t.gif
    2014/03/13

    jQuery Mobile 1.4の変更点と既存ページ対応のポイント(前編)

     本連載では、JavaScriptライブラリとして利用頻度の高いjQueryとそのプラグインに着目して、その利用例を紹介します。今回と次回の2回にわたり、2014年1月に正式版がリリースされたjQuery Mobile 1.4について、前バージョンからの変更点や既存のWebページを対応させるための修正ポイントを説明していきます。

  • 7622_t.gif
    2014/02/27

    JavaScriptのテストコードをNode.js+Jasmineで実行してみよう

     本連載は、テストコードをこれから書こうと考えているJavaScript技術者を対象に、テストコードの意義から、テスト駆動開発、JavaScriptでのテストコードの書き方、継続的インテグレーションなどテスト全般にわたって解説します。また、原理原則だけでなくWhyから説明し、チームメンバーを巻き込みながら開発現場に活かせる考え方を総合的に解説します。第3回目の本稿は、Node.jsでのテストの実行方法を、JasmineというJavaScriptテスティングフレームワークを使って説明します。前半は...

  • 7577_t.gif
    2014/02/26

    JavaScript MVVMフレームワーク「JsViews」の概要

     これまでは、JsRenderの使い方を紹介してきました。今回から数回にわたり、データバインドフレームワークであるJsViewsの概要と使い方を紹介していきます。

  • 7623_t.gif
    2014/02/21

    スクロールに応じて画像を遅延読込させるLazy Loadプラグイン

     本連載では、JavaScriptライブラリとして利用頻度の高いjQueryとそのプラグインに着目して、その利用例を紹介します。今回はWebページのスクロールに応じて画像を遅延読込させるLazy Loadプラグインを用いて、多数の画像を含むWebページで効率よく画像を読み込む方法を紹介します。

273件中101~120件を表示
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5