Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

単なる技術の指導者にとどまらず、組織を本気で変革していく「組織顧問」

-[Vol.552]-------------------------------------------------------
このメールはCodeZineで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━  ━━━━━━━━━━━━━━━━
エンジニア必見!IT関連書籍のPDF版電子書籍を
翔泳社の通販SEshopで109点一挙にリリース!
検索やコピーが可能なDRMフリーの電子書籍です
4/30まで電子書籍が20%OFFになるクーポンも配布中!
クーポン詳細は→ https://www.seshop.com/campaign/ebook/release_201704/?utm_source=codezine&utm_medium=teikimail_20170412&utm_campaign=release_201704
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[0]目次
----------
[1]新着記事一覧
[2]今週のニュース一覧
[3]人気記事ランキング
[4]コミュニティ・イベント
[5]今週のKindleセール
[6]リクエスト&投稿
[7]配信停止の方法

CodeZineのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter   => https://twitter.com/codezine
* Facebook1 => 
* Facebook2 => 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集部からのお知らせ】
日本マイクロソフトの開発者イベント「de:code 2017」とコラボした
『 デブサミ出張版ビアバッシュ 』が、de:code前夜祭として
2017年5月22日(月)に開催決定! 詳細は、下記のページで
4月中旬にお伝えする予定です。ぜひ予定を空けて、お待ちください!!
https://event.shoeisha.jp/devsumi/20170522/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★☆★☆★教育×ITがテーマの新媒体「EdTechZine」がオープン!★☆★☆★
プログラミング教育をはじめとする、ICTを活用した次世代教育を伝える
翔泳社の新しいWebメディア「EdTechZine」がオープンしました。
教育ICTの先行事例や有識者の声、関連ニュースを掲載予定です。
これからの日本を支える人材の育成を促進する方法を探求していきます!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事一覧:10本(4/5〜4/12)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、CodeZine編集部です。今週のオススメ記事はこちらです。

★単なる技術の指導者にとどまらず、組織を本気で変革していく
 ――元クックパッドの井原氏が取り組む「組織顧問」という考え方
 2007年11月にWebマーケティング事業を展開する企業として設立され、2017年に
は10周年を迎えるSpeee。同社では設立8年目の2015年8月に開発体制の刷新および
事業領域の拡大を目的として、Yahoo! JAPANやクックパッドで技術部長を務めてい
た井原正博氏を開発部の顧問に迎え入れた。顧問就任から1年半、井原氏は技術の
指導だけにとどまらず、「組織改革」という大きなミッションにも取り組んできた
という。Speeeの組織はどのように変化し、これからどこへ向かおうとしているの
か。エンジニアマネジメントとエンジニア採用の責任者を務める是澤太志氏と井原
氏の両名に聞いた。

http://codezine.jp/article/detail/10065?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

◆React×Material-UIでモダンなUIを実装する
 Reactはコンポーネントを組み合わせて開発を行うことで、保守性の高いアプリ
ケーションを実現できるライブラリです。同時に、優れたUIを提供するライブラリ
でもあります。前回はReactコンポーネントの基本であるPropsとState、およびラ
イフサイクルについて解説しました。本稿ではデザイン性をアップさせてくれるサ
ードパーティー製のコンポーネントセット、Material-UIの使用方法について紹介
します。Material-UIは、Googleのデザインガイドラインに則って開発されたコン
ポーネントのライブラリで、活用することで簡単に見栄えのいいアプリを作ること
ができます。

http://codezine.jp/article/detail/10074?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

◆「Lean XP」「アジャイル支援コーチ」――Yahoo! JAPANにおける
 高品質なサービスを提供するための取り組み【デブサミ2017】
 本セッションは2部構成で、第1部はiOS版のヤフオク!公式アプリでプロダクトマ
ネージャーを務める山下真一郎氏が、アジャイル開発手法「Lean XP」の概要と、
自らのチームで実践して高品質なソフトウェアを構築している事例を紹介。特にペ
アプログラミング、テスト駆動開発に興味がある人には興味深い内容となった。第
2部はYahoo! JAPAN アジャイル/自動化コーチの伊藤宏幸氏が、DevOpsの考え方が
普及しつつある現在、必須事項ともいえる「テスト自動化」について解説。自動化
の始め方やアンチパターン、伊藤氏が実際にコーチングしたチームの事例が語られ
た。

http://codezine.jp/article/detail/10079?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

◆Elastic Stackをさらに活用しよう! X-PackのMachine Learningを組み合わせて
 「教師なし」の異常検知を実現【デブサミ2017】
 インターネットの利用が浸透するにつれ、適切な情報配信や不正を防ぐための施
策はWebサービス継続に欠かせないものとなりつつある。そのためには、サーバー
やネットワーク機器からのログ、およびWebサイトへのアクセスやログインといっ
た稼働状況の効率的なモニターが欠かせない。その有効な手段として注目される
「Elastic Stack」と機械学習を組み合わせた“スマートな検知”について、
ElasticのSolutions Architectである大輪弘詳氏が解説した。

http://codezine.jp/article/detail/10083?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

◆「Angular 2」コンポーネントのライフサイクルを知って使いこなす
 本連載では、Webアプリケーションフレームワーク「Angular 2」の活用方法をサ
ンプルとともに紹介しています。前回は、Angular 2のHTTPクライアント機能につ
いて説明しました。今回は、Angular 2コンポーネントの生成/破棄などのライフ
サイクルと、ライフサイクルに対応して実行されるライフサイクルフックについて
説明します。

http://codezine.jp/article/detail/10046?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

◆アプリ開発の新しい潮流に向けて進化する
 Java SE 9/Java EE 8の概要【デブサミ2017】
 プログラミング言語として世界でトップシェアを誇るJava。2017年7月には待望
のJava SE 9がリリースされるほか、Java EE 8も年内にリリースを予定している。
本セッションでは日本オラクル株式会社 伊藤敬氏が登壇し、この2つのリリースに
ついて注目すべき新機能やバージョン移行のポイントなどを解説した。

http://codezine.jp/article/detail/10061?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

◆エンタープライズチャットアプリ開発のリベンジを、
 サーバーレスアーキテクチャで達成【デブサミ2017】
 「サーバーレスアーキテクチャ」というキーワードはあちこちで聞かれるが、実
際の開発事例や成功例はなかなか目にする機会がない。そのため言葉が一人歩きし
てしまい、現場のリアルな実情を見ることなく、自己流で解釈されているケースも
多いのではないだろうか。本セッションでは一度頓挫してしまったプロジェクト
が、サーバーレスアーキテクチャによって立て直された実例を紹介。具体的にどの
ような成果が出たのか、株式会社ドリーム・アーツの石田健亮氏がリアルなデータ
を交えて語った。

http://codezine.jp/article/detail/10086?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

◆実践DDD本の第5章「エンティティ」 〜一意な識別子で同一性を識別〜
 ドメイン駆動設計(DDD)は、顧客と開発者が業務を戦略的に理解し、共通の言
葉を用いてシステムを発展させていく設計手法です。前回はDDDのアーキテクチャ
について紹介しました。5回目となる今回は、「エンティティ」に対するモデリン
グの流れを通して、一意な識別子やコーディング例について紹介します。

http://codezine.jp/article/detail/10038?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

◆Glanceの動作と仕組み〜Novaのインスタンスイメージを柔軟に管理
 前回は、仮想サーバーの作成・管理を司るコアサービス「Nova」を紹介しまし
た。Novaはその柔軟さによってクラウドコンピューティングサービスの規模拡大や
障害への対応を容易としています。今回は、3つ目のOpenStackのコアサービスとし
て「Glance」を取り上げます。Glanceは、Novaが仮想サーバーを作成する際にベー
スとなる「イメージ」を管理するコアサービスです。そのため、Novaを使う場合に
はGlanceも必ず使います。

http://codezine.jp/article/detail/10017?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

◆Yahoo! JAPANの現場で活躍する社内PaaS、
 サービス開発を10倍早くするための活用術とは【デブサミ2017】
 エンジニアの業務には開発だけではなく、バージョンアップやセキュリティ対応
も含まれる。しかし、それらの対応が影響し、時には開発業務に支障が出るほど人
的リソースを取られてしまう。Yahoo! JAPANもまた、そのような課題に直面するこ
とがあった。これを解決するべく、Yahoo! JAPANは社内PaaSを導入。結果、開発現
場にはどのような変化が起こったのか? PaaS導入の指揮を執った、同社の窪野安
彦氏がデモを交えながら紹介した。

http://codezine.jp/article/detail/10059?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

◆【こちらも注目!】EnterpriseZineの新着記事

・SAPはSaaS活用と営業体制の強化で中堅、中小企業を本気でターゲットにする
http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9145?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

・新たなアプリ開発技術の導入に伴い新しいタイプのリスクも
 --SDNAが「Androidアプリ脆弱性調査レポート」2017年4月版を公開
http://enterprisezine.jp/article/detail/9118?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

・アサヒグループがオールフラッシュストレージを採用し、5年間のTCOを63%削減
http://enterprisezine.jp/article/detail/9062?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着ニュース:10本(4/5〜4/12)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・インフラジスティックス、UIコントロール部品や
 モバイルアプリ開発サポート機能を含む
 「Infragistics Ultimate UI for Xamarin」日本語版をリリース(04-11)
http://codezine.jp/article/detail/10109?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

・コンピューターの国を駆け巡ろう! 
 大人気絵本の『ルビィのぼうけん』第2弾が登場(04-11)
http://codezine.jp/article/detail/10036?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

・翔泳社、プログラミング教育をはじめとするICT活用による
 次世代教育を伝えるWebメディア「EdTechZine」をスタート(04-10)
http://codezine.jp/article/detail/10107?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

・UI向けJavaScriptライブラリの最新版「React 15.5.0」がリリース(04-10)
http://codezine.jp/article/detail/10106?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

・ゆめみ、クラウド環境を見直し、
 最適化させる「AWS re:Cloud」を開始(04-10)
http://codezine.jp/article/detail/10103?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

・【新刊紹介】『Ruby on Rails 5アプリケーション プログラミング』
 4月14日発売、600ページ超のボリュームで主要機能を徹底解説(04-07)
http://codezine.jp/article/detail/10105?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

・日本オラクル、開発者向けイベント「Oracle Code」を
 5月18日に国内初開催、5月17日には「Java Day Tokyo 2017」も(04-07)
http://codezine.jp/article/detail/10102?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

・Microsoft、AIを活用した日本語のリアルタイム翻訳機能を実現(04-07)
http://codezine.jp/article/detail/10101?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

・「.NET Framework 4.7」が
 Windows 10 Creators Updateとともにリリース(04-06)
http://codezine.jp/article/detail/10098?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

・Microsoft、「UWP Community Toolkit 1.4」をリリース(04-05)
http://codezine.jp/article/detail/10097?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 人気ランキング(4/5〜4/11)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 秒間100万クエリ・8万リクエストの「グラブル」安定稼働を支える、
   Cygames「3つの取り組み」【デブサミ2017】
http://codezine.jp/article/detail/10044?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

●2位 単なる技術の指導者にとどまらず、組織を本気で変革していく
   ――元クックパッドの井原氏が取り組む「組織顧問」という考え方
http://codezine.jp/article/detail/10065?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

●3位 Elastic Stackをさらに活用しよう! X-PackのMachine Learningを
   組み合わせて「教師なし」の異常検知を実現【デブサミ2017】
http://codezine.jp/article/detail/10083?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

●4位 Yahoo! JAPANの黒帯達が語る! 
   エンジニアを極める働き方とは【デブサミ2017】
http://codezine.jp/article/detail/10075?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

●5位 アプリ開発の新しい潮流に向けて進化する
   Java SE 9/Java EE 8の概要【デブサミ2017】
http://codezine.jp/article/detail/10061?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412


<ニュース>

●1位 コンピューターの国を駆け巡ろう! 
   大人気絵本の『ルビィのぼうけん』第2弾が登場
http://codezine.jp/article/detail/10036?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

●2位 UI向けJavaScriptライブラリの最新版「React 15.5.0」がリリース
http://codezine.jp/article/detail/10106?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

●3位 翔泳社、プログラミング教育をはじめとするICT活用による
   次世代教育を伝えるWebメディア「EdTechZine」をスタート
http://codezine.jp/article/detail/10107?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

●4位 「.NET Framework 4.7」がWindows 10 Creators Updateとともにリリース
http://codezine.jp/article/detail/10098?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

●5位 【新刊紹介】『Ruby on Rails 5アプリケーション プログラミング』
   4月14日発売、600ページ超のボリュームで主要機能を徹底解説
http://codezine.jp/article/detail/10105?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] コミュニティ・イベント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●わんくま同盟 名古屋勉強会 #41

【場所】
  名古屋市港生涯学習センター 第2集会室

【日時】
  2017/04/15
 http://codezine.jp/community/event/561?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170322

 2017年のわんくま名古屋、始動します。
 Visual Studio 2017ネタを中心にNative開発寄りな内容でお送りします。是非ご
参加ください。


・CodeZineでは、コミュニティコーナーに登録されたイベントを
 メルマガでお知らせしています。ぜひ、ご活用ください!
http://codezine.jp/community/?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20170412

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] リクエスト&投稿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、
編集部までお気軽にご応募ください。
また、投稿も随時受け付けています。
その他のご要望にも柔軟に対応してまいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


・投稿用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーはこちら。 http://codezine.jp/ml/backnumber/

こちらのページの「CodeZine News」の枠にアドレスを入れ解除してください。
https://sems.shoeisha.com/users/ml

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・本メールへのお問い合わせについては、
  広告出稿については、 までご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 CodeZine編集部
(c)2005-2017 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5