Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Ruby」記事一覧

47件中41~47件を表示
  • 2007/12/25

    Judeのクラス図からActiveScaffoldのコードを自動生成する

    Judeで作成したクラス図を元に、Ruby on Railsのプラグイン「ActiveScaffold」で必要なコーディングのソースを自動生成するツールを紹介します。

  • s.gif
    2007/12/20

    JRubyからJavaへのアクセス方法

    Javaのクラスを利用するためにJRubyに用意されている固有の機能を説明します。

  • 1647_t.gif
    2007/09/10

    JRubyチュートリアル

    JRubyとは、Javaで作られたRuby言語です。JavaとRubyを融合した不思議なプログラミングを可能にするJRubyで、「Java環境下で動かすスクリプト」の妙味を確かめましょう。

  • 2007/07/23

    L2Lisp in Ruby

    静的スコープ、末尾呼出し(末尾再帰を含む)の最適化、およびマクロを備えた近代的なLispの小さなインタープリタをRuby(およびJRuby)で作ります。Rubyのデータ型と親和性が高く、簡単に組込み関数を増設できる手頃なLisp処理系として利用できます。

  • 703_t.jpg
    2006/11/24

    JavaScriptとFlashによるWebオルゴールの製作

    本稿では、簡単なマクロ(MML)でMIDIファイルを生成する「JavaScriptSakura」を利用したWebオルゴールを作成します。オルゴールの本体は、Flashで作成し、MIDIファイルの作成に、「JavaScriptSakura」を利用しました。また、せっかくのWebオルゴールなので、簡単な掲示板の機能も持たせてみようと思います。

  • 2006/11/10

    Rubyで簡易POP3サーバを作る

    本稿ではRubyを使ってシンプルなPOP3サーバ(POPd)を作成します。POP3は、いわゆる「メールの受信」のときに使われるプロトコルです。実際にPOP3でサービスを提供するサーバを作成していく過程を通じて、ネットワークプログラミングの基礎、POP3の仕組み、Rubyによるネットワークプログラミング/UNIXシステムプログラミングについて学びます。

  • 461_t.jpg
    2006/08/14

    Rubyで作るProlog処理系

    プログラミング言語Prologの基本的な動作は、200行ほどのRubyプログラムで実現できます。ここでは筆者がRubyで作成したProlog処理系を解説します。本稿は、Rubyで記号処理を実現したい、スクリプトにルールベースの推論エンジンを内蔵させたい、単純に数個のクラスから構成されるまとまったRubyプログラムをみたいなど、Rubyの実例としても有用です。

47件中41~47件を表示
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5