Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

マニュアルページの活用

 UNIXシステムでは、各コマンドにマニュアルページが用意されています。マニュアルページには各コマンドの説明があり、manコマンドによって表示できます。

 manコマンドの書式は次のようになります。

man [-a][-k][SECTION]COMMAND

 マニュアルページは、以下の表に示す各セクションに分けられていて、manコマンドはCOMMANDに指定したコマンドを、各セクションを順に検索して、見つかり次第表示します。

 オプション「-a」を指定すると、すべてのセクションのマニュアルページを順番に表示することができます。また、オプション「-k」を指定すると、COMMANDに指定したキーワードに部分的にー致するコマンドを検索します。

マニュアルページの各セクション
SECTIONLinuxFreeBSDSolaris
1一般ユーザが利用できるコマンド(ユーザコマンド)
1M存在しないシステム管理コマンド
2システムコール(プログラミングする人が参照する)
3ライブラリ関数(プログラミングする人が参照する)
4デバイスに関する説明ファイルフォーマット
5ファイルフォーマットその他
6ゲーム
7その他デバイスに関する説明
8システム管理コマンド存在しない
9カーネルルーチン新しいマニュアル*1デバイスドライバ仕様
n新しいマニュアル*1存在しない
o古いマニュアル*2存在しない
lローカルなマニュアル存在しない

 *1 一時的に入れられた後該当するセクションへ移動される

 *2 互換性などの理由で残されている

HINT!

 COMMANDにー致するマニュアルページは、複数セクションに存在する場合があります。そのような場合には、SECTIONに参照したいセクションの番号を指定して実行します。どのセクションに参照したいことが書いてあるのかわからない場合は、オプション「-a」を指定してすべてのマニュアルページを参照するとよいでしょう

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5