Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

dd

ファイルをコピーする
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , freebsd, solaris
dd [if=INFILE] [of=OUTFILE] [bs=BYTE] [count=TIME]

 ddコマンドは、ファイルをコピーします。

 この時、「INFILE」と「OUTFILE」に特殊ファイルを指定することで、入出力装置間でのコピーを行うことができます。また、「INFILE」に特殊ファイルを指定し、「OUTFILE」に通常のファイルを指定することで、フロッピーなどのイメージをファイルに出力することができます。そして、その逆のコピーを行うことで、フロッピーの復元を行ったり複製を作成することができます。

特殊ファイル

 特殊ファイルとは、フロッピーやCD-ROMなどの入出力装置をファイルのようにアクセスするためのファイルです。入出力装置の他に、ディスク上のパーティション(使用目的に応じてディスクを間仕切りしたもの)もこの特殊ファイルによってアクセスすることが可能です

フロッピーのイメージ

 フロッピーディスクに入っているデータを先頭から順にディスク上のファイルとして格納したものがイメージです

オプション
① if=INFILE
「INFILE」に指定したファイルの内容をコピーします。省略時には、標準入力の内容をコピーします。
② of=OUTFILE
「OUTFILE」に指定したファイルにコピーします。省略時には、標準出力にコピーします。
③ bs=BYTE
コピーするバイト数を「BYTE」に指定します。
④ count=TIME
コピーする回数を「TIME」に指定します。
フロッピーをコピーする
# dd if=/dev/fd0 of=fd count=2616 
フロッピーのイメージをファイル「fd」に出力
読み込んだブロック数は 2616+0
書き込んだブロック数は 2616+0
ここでコピー元フロッピーとコピー先フロッピーを交換する
# dd if=fd of=/dev/fd0 count=2616
ファイル「fd」の内容をフロッピーに出力することでコピーができる

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5