Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

diff3

3つのファイルの違いを調べる
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , freebsd, solaris
diff3 [-3] [-x] FILE1 FILE2 FILE3

 diff3コマンドは、3つのファイルを比較して、その違いを出力します。

オプション
① -3
重複していない行だけを出力します。つまり、違いがある行だけを出力します。
② -x
重複している行だけを出力します。つまり、違いがない行だけを出力します。
引数
① FILE1
FILE2に指定したファイルとの違いを調べるファイルのパスを指定します。
② FILE2
違いを調べる上で、基準となるファイルのパスを指定します。
③ FILE3
FILE2に指定したファイルとの違いを調べるファイルのパスを指定します。
3つのファイルの違いを調べる
[takeda]$ cat file1 
L1
L2C
L3
ファイル「file1」の内容
[takeda]$ cat file2
L1
L2
L3
ファイル「file2」の内容
[takeda]$ cat file3
L1
L2
L3C
ファイル「file3」の内容
[takeda]$ diff3 file1 file2 file3
====
1:2,3c
ひとつ目のファイル、つまりファイル「file1」の2行目と3行目に変更があることを示す
「c」は、change(変更があること)を指す
L2C
L3
基準となるファイルと同じ内容だが3番目のファイルと異なるので、異なる点も表示される
2:2,3c
L2
L3
2番目のファイルは基準となるファイルであるが他のファイルとの違いも表示される
3:2,3c
L2
L3C
[takeda]$
HINT!

 catコマンド

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5