Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

fold

行の折りたたみを行う
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , freebsd, solaris
fold [-b] [-w WIDTH] [FILE...]

 foldコマンドは、ファイル内容を、各行ごとに指定した桁数で折りたたんで出力します。折りたたむとは、指定した桁数ごとに改行を入れて体裁を整えることです。

 桁とは、行の中で左端の文字から何番目の文字かということを表します。ただし、タブや改行などの特殊な文字は、通常1桁ではなく複数の桁を持ちます

オプション
① -b
桁数をバイト数で指定します。デフォルトではタブは5桁ですが、このオプションを指定すると、1桁となります。
② -w WIDTH
折りたたむ桁数を「WIDTH」で指定します。このオプションを省略した場合は、80桁を指定したことになります。
引数
① FILE...
ファイル内容を折りたたむファイルのパスを指定します。複数のファイルを指定する場合は、それぞれのファイルのパスをスペースで区切って指定します。省略した場合は、標準入力から読み込みます。
1行60文字のデータを20桁で折りたたむ
[takeda]$ cat file01 
....*....1....*....2....*....3....*....4....*....5....*....6
ファイル「file01」の内容
[takeda]$ fold -w 20 file01
ファイル「file01」の内容を20桁ごとに折りたたんで表示
....*....1....*....2
....*....3....*....4
....*....5....*....6
[takeda]$
タブが含まれた行を折りたたむ
[takeda]$ cat file02 
....*....1....*....2
TABT TABT END
ファイル「file02」の内容
ここでは便宜上タブを「T」と表記している
[takeda]$ fold -w 8 file02
ファイル「file02」の内容を、各行ごとに8桁で折りたたんで表示
....*...
.1....*.
...2
TABT
タブは5桁なのでTABの3桁と合わせて8桁
TABT
END
[takeda]$ fold -b -w 8 file02
ファイル「file02」の内容を、各行ごとに8桁で折りたたんで表示
タブや改行も1桁とする
....*...
.1....*.
...2
TABT TABT
タブを1バイトで換算し、折りたたんでいる
表示はタブコードが有効なので5桁として表示される
END
[takeda]$
HINT!

 catコマンド

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5