Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

lpstat

プリントサービスの状態を表示する
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , freebsd, solaris
lpstat [-d] [-r] [-p] [-s] [-t]

 lpstatコマンドは、プリントサービスに関する各種情報を表示します。プリントサービスとは、印刷処理を実現するために動いている各種プログラムの総称です。

オプション
① -d
デフォルトプリンタを表示します。
② -r
スケジューラの起動状態を表示します。
③ -p
プリンタが使用可能状態(available)か使用不可能状態(not available)かを表示します。
④ -s
スケジューラの起動状態、デフォルトプリンタ、定義されているプリンタ装置の一覧を表示します。
④ -t
他のオプションを指定した場合に表示される、すべての情報を表示します。
デフォルトプリンタを表示する
# lpstat -d 
system default destination: LBP0
デフォルトプリンタは「LBP0」
#
スケジューラの起動状態を表示する
[root@intsv5 root]# lpstat -r 
scheduler is running
スケジューラは動作中
#
プリンタの状態を表示する
[root@intsv5 root]# lpstat -p 
printer LBP0@localhost unknown state. enabled since 7月19 16:49 2003. available
printer LBP1@localhost unknown state. enabled since 7月19 16:49 2003. available
プリンタ「LBP0」と「LBP1」は使用可能
Printer: LBP0@localhost
Queue: no printable jobs in queue
Server: no server active
Status: job 'takeda@localhost+309' saved at 15:35:14.220
Rank Owner/ID Class Job Files Size Time
done takeda@localhost+309 A 309 (STDIN) 634 15:35:11
Printer: LBP1@localhost
Queue: no printable jobs in queue
印刷ジョブの状態
スケジューラの起動状態とプリンタの状態を合わせて表示する
# lpstat -s 
scheduler is running
スケジューラは動作中
system default destination: LBP0
デフォルトプリンタは「LBP0」
system for LBP0: localhost
system for LBP1: localhost
#
すべての情報を表示する
# lpstat -t 
scheduler is running
スケジューラ起動状態
system default destination: LBP0
デフォルトプリンタ
printer LBP0@localhost unknown state. enabled since 7月19 16:54 2003. available
printer LBP1@localhost unknown state. enabled since 7月19 16:54 2003. available
プリンタの状態
Printer: LBP0@localhost
Queue: no printable jobs in queue
Server: no server active
Status: job 'takeda@localhost+309' saved at 15:35:14.220
Rank Owner/ID Class Job Files Size Time
done takeda@localhost+309 A 309 (STDIN) 634 15:35:11
Printer: LBP1@localhost
Queue: no printable jobs in queue
印刷ジョブの状態
#

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5