Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

od

ファイル内容をダンプする
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , freebsd, solaris
od [-j BYTE] [-t TYPE[z]] [FILE...]

 odはFILE...に指定したファイルの内容をダンプします。出力レコードは、ファイル先頭からのオフセット、ダンプデータで構成されています。

ダンプ

 ダンプとは、ファイルがディスクに格納されている情報をそのまま見るために、見やすい形に変えて表示することです。通常キャラクタ端末(TTY)は、キャラクタ文字しか表示できませんから、ファイルにキャラクタ文字以外のデータが入っている場合は文字化けしてしまいます。そこで、ダンプによってディスク上に01000010(2進数)として記録されているデータを、102(8進数)や42(16進数)のように変換して表示します

オフセット

 オフセットとは、ある基点から単位量移動したところという表現で、位置を表す方法です

オプション
① -j BYTE

ダンプを開始するバイト位置を「BYTE」に指定します。「0x」または「0X」で始めると16進数での指定となります。また、それ以外で「0」から始めると8進数での指定となり、そうでなければ10進数での指定となります。

指定する数値の末尾に「b」を付けると512倍、「k」を付けると1024倍、「m」を付けると1048576倍の値を指定した場合と同じになります。例えば「-j 512」とするのと「-j 1b」とするのは同じです。

② -t TYPE[z]
出力する形式を「TYPE」に指定します。出力形式は、タイプ指定文字によって構成されます。タイプ指定文字は次に示すとおりで、末尾に「z」を付与すると、形式の指定に関わらず、印刷可能なASCII文字の表示を追加します。
タイプ指定文字一覧
タイプ指定文字意味
cASCII文字かバックスラッシュ付きのエスケープ文字
d符号付き10進数
f浮動小数点数
o8進数
u符号なし10進数
x16進数
引数
① FILE...
ダンプするファイルをスペースで区切って指定します。ワイルドカードによる指定も可能です。省略時には、標準入力から読み込みます。
ファイルの内容をダンプする
# cat fl001 
fl001
# od -t xz fl001
ファイル「fl001」の内容を16進数でダンプする
0000000 30306c66 00000a31 >fl001...<
0000006
# od -t c fl001
0000000 f l 0 0 1 \n
改行を表す
0000006
HINT!

 catコマンド・lsコマンド

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5