Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

pkg_info

FreeBSDでパッケージの情報を参照する
2015/05/20 08:00

対応OS: freebsd
pkg_info [-c] [-d] [-i] [-k] [-R] [-L] [-s] PKGNAME
pkg_info -a [-c] [-d] [-i] [-k] [-R] [-L] [-s]

 pkg_infoコマンドは、パッケージの情報を参照します。FreeBSDでのみ使用可能です。

オプション
① -a
現在インストールされているすべてのパッケージの情報を表示します。
② -c
パッケージのコメントを表示します。
③ -d
パッケージの説明を表示します。
④ -i
インストールスクリプトがあればそのスクリプトの内容を表示します。
⑤ -k
アンインストールスクリプトがあればそのスクリプトの内容を表示します。
⑥ -R
対象となるパッケージに依存関係がある場合、対象パッケージを必要とする別のパッケージのうち、すでにインストールされているものを表示します。
⑦ -L
対象となるパッケージに含まれるファイルを一覧表示します。
⑧ -s
対象パッケージによってインストールされたファイルの総容量を表示します。
コメント

 コメントは、パッケージの作成者がパッケージ作成の際に登録した情報です

インストールスクリプトとアンインストールスクリプト

 インストールスクリプトは、パッケージのインストールに先立って処理しておかなければならないことがある場合に実行するスクリプトのことであり、アンインストールスクリプトとは、パッケージのアンインストールに先立って処理しておかなければならないことがある場合に実行するスクリプトのことである

引数
① PKGNAME
情報を表示するパッケージ名を指定します。
パッケージの説明を参照する
# pkg_info -d ja-jvim-2.0r 
Information for ja-jvim-2.0r:
パッケージja-jvim-2.0rの情報表示であることを示す

Description:
JVim is a text editor that is upwards compatible to vi. It can be used
to edit any ASCII and Japanese(EUC or JIS) text. It is especially
useful for editing programs.

There are a lot of enhancements above vi: multi level undo, command
line editing, filename completion, on line help, quoting, etc.. Read
difference.doc for a summary of the differences between vi and Vim.


#
パッケージに含まれるファイルを一覧表示する
# pkg_info -L ja-jvim-2.0r 
Information for ja-jvim-2.0r:

Files:
/usr/local/man/ja/man1/jcat.1.gz
/usr/local/man/ja/man1/jfold.1.gz
/usr/local/man/ja/man1/jgrep.1.gz
/usr/local/man/ja/man1/jvim.1.gz
/usr/local/bin/jcat
/usr/local/bin/jgrep
/usr/local/bin/jfold
/usr/local/bin/jvim
/usr/local/bin/jvim2
/usr/local/bin/jview
/usr/local/lib/jvim.hlp
パッケージに含まれるファイルの一覧
#
パッケージによってインストールされたファイルの総容量を表示する
# pkg_info -s ja-jvim-2.0r 
Information for ja-jvim-2.0r:

Package Size:
266 (1K-blocks)
パッケージのサイズ
#
パッケージのインストールスクリプトの内容を表示する
# pkg_info -i perl-5.6.1_13 
Information for perl-5.6.1_13:

Install script:
インストールスクリプトの中身
#!/bin/sh

if [ "$2" != POST-INSTALL ] ; then
exit 0
fi

INCLUDEDIR=/usr/include

install -d ${PKG_PREFIX}/lib/perl5/site_perl/5.6.1/mach
cd ${INCLUDEDIR} && ${PKG_PREFIX}/bin/h2ph *.h machine/*.h sys/*.h

if [ -f /sbin/sysctl -a -x /sbin/sysctl ] ; then
osreldate='/sbin/sysctl -n kern.osreldate'
else
osreldate='/usr/sbin/sysctl -n kern.osreldate'
fi

if [ $osreldate -ge 500043 ] ; then
${PKG_PREFIX}/bin/use.perl port
fi

exit 0

#

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5