Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

umount

ファイルシステムをアンマウントする
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , freebsd, solaris
umount [-n] [-f] DIR|DEVICE

 umountコマンドは、mountコマンドの実行によってマウントされたファイルシステムをアンマウントします。アンマウントとは、マウントを解除することです。

オプション
① -n
通常はアンマウントの際、「/etc/mtab」へmountコマンドによって書かれたマウント情報を削除しますが、このオプションを指定すると削除しません。
② -f

 [dd]

 マウント先のファイルにアクセスしている場合や、カレントディレクトリがマウントポイント内にある時はアンマウントできませんが、このオプションを指定すると強制的にアンマウントします。[/dd]

引数
① DIR
マウントを解除するマウントポイントを指定します。
② DEVICE

 [dd]

 マウントを解除する特殊ファイル名を指定します。

 同一のファイルシステムが複数のマウントポイントにマウントされていた場合にはエラーが発生するので、DIRで指定するのが一般的です。

 [/dd]

注意

 マウント先のファイルにアクセスしている場合や、カレントディレクトリがマウントポイント内にある時には、アンマウントできません

CD-ROMをアンマウントする
# ls /mnt/cdrom 
dir01 dir02 file01
# umount /mnt/cdrom
# ls /mnt/cdrom
#
HINT!

 lsコマンド

特殊ファイルについて

 UNIXでは、装置に対するアクセスもファイルとして扱います。このファイルを特殊ファイルと呼びます。通常は/dev配下にあり、/dev/cdromや/dev/fd0などです。各OSでその名前の付け方はさまざまですが、ここではLinuxに関する一般的なものを紹介します。

  サウンドカード(audio)、CD-ROM(cdrom)、フロッピーディスク(fd)、IDEハードディスク(hd)、プリンタ(lp)、SCSIのCD‐ROM(scd)

 同様にディスクのパーティションを表すにも特殊ファイルを使います。

  IDE :プライマリマスタ(hda1、hda2……)

  プライマリスレーブ(hdb1、hdb2……)

  SCSI:1台目(SCSI IDが若いものから)(sda1、sda2……)

  2台目(sdb1、sdb2……)

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5