SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

開発用エディタのド定番「VSCode」を使いこなそう

VSCodeをWebサイト開発用ツールに ―HTML/CSS/JavaScriptエディタとして強化しよう!

開発用エディタのド定番「VSCode」を使いこなそう 第5回


  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第5回は、VSCodeをWebサイト開発用ツールとして使うための設定や、Emmetなどの拡張機能を紹介します。

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 Microsoftの提供するVisual Studio Code(VSCode)は、2015年の最初のリリースから、今では開発用エディタの定番の座を占めるまでになりました。これには、無償で使えることも大きいですが、何よりエディタとしての使いやすさ、そしてさまざまな拡張機能によっていくらでも使い勝手を向上させたり、利用の領域を拡げられたりすることも大きいでしょう。本連載では、このVSCodeにフォーカスし、基本的な使い方から拡張機能の活用、そして本格的な開発現場での利用を想定した高度な機能までを紹介していくことで、読者がVSCodeマスターになるお手伝いをします。

対象読者

  • テキストエディタメインで開発してきた方
  • Visual Studioより軽い環境が欲しいと考えている方
  • Visual Sudio Codeをもっと使いこなしたい方

必要な環境

 本記事の内容は、以下の環境で動作を確認しています。

  • macOS Ventura 13.2
    • Visual Studio Code 1.77

標準でサポートされるエディタ機能

 VSCodeは、優秀なHTML/CSS/JavaScriptエディタとしてすぐに利用可能です。なぜなら、これらのファイルの編集に便利な補完機能やシンタックスハイライト(色分け表示)機能が標準で組み込まれているからです。まずは、標準でサポートされるエディタ機能を概観してみましょう。

ビルトインHTML言語サポート

 文字通り、組み込みのHTMLサポートです。既存のHTMLファイルを開いてみると、タグなどに色が付いているのがわかりますが、これがシンタックスハイライト機能です。そして簡単な補完機能があります。「<」に続けて候補を絞りながらタグ名を入力でき、最後の「>」を入力すると自動的に閉じタグが入力されます(図1)。

図1:HTMLタグの補完
図1:HTMLタグの補完

 また、属性名に続けて「=」を入力すると、自動的に引用符のペアが入力されます(図2)。

図2:HTML属性値の引用符の自動入力
図2:HTML属性値の引用符の自動入力

 さらに、HTMLのフォーマット機能([Command]+[K][Command]+[F]/[Control]+[K][Control]+[F])も備えます(図3)。このように、特別な拡張機能がなくてもHTMLの編集を便利に行えます。

図3:HTMLのフォーマット
図3:HTMLのフォーマット

 いくつかの機能は、設定により有効と無効を切り替えられたりするので、その項目を見てみましょう。をクリックしてメニューから[設定]を選択するか、[Command]+[,]/[Ctrl]+[,]で「設定」タブを開きます。設定項目のグループから、[拡張機能]-[HTML]を開きます。表1に、主なビルトインHTML言語サポートの設定項目を挙げます。

表1:主なビルトインHTML言語サポートの設定項目
項目 デフォルト 概要
html.autoClosingTags true タグの自動クローズを有効にするか
html.autoCreateQuotes true 属性の引用符を自動作成するか
html.completion.attributeDefaultValue doublequotes autoCreateQuotesがtrueの場合に使用する引用符。doublequotes、singlequotes、emptyから選択
html.format.enable true 既定のフォーマットを有効にするか
html.hover.documentation true タグや属性へのホバー時にドキュメントをポップアップ表示するか
html.hover.references true タグや属性へのホバー時にMDN(Mozilla Developer Network)へのリンクを表示するか
html.suggest.html5 true HTML5タグなどを候補として表示するか
html.validate.scripts true scriptタグに記述されたスクリプトを検証するか
html.validate.styles true styleタグに記述されたスタイルを検証するか

 自動的に入力される閉じタグ(図1)や、属性値を囲む引用符(図2)は、入力されないようにできます。また、ホバー時にポップアップする説明が煩わしい場合には、ここで設定を変更しておくと良いでしょう。html.format.*にはフォーマット(図3)関連の細かな設定、例えばフォーマット対象から除外するタグの指定、改行の挿入、許容する空行の行数、属性の折り返しなど多数あります。どのような設定があるかは実際の設定項目を参照してください。

ビルトインCSS言語サポート

 HTMLと同様に、CSSも組み込みでサポートされているので、HTMLと同様に特別な拡張機能がなくてもCSSの編集を便利に行えます。HTMLと同様にシンタックスハイライト機能、補完機能が使えます。CSSプロパティ名の候補からの入力、「:」を入力した時点でのセミコロンの自動入力、プロパティ値の候補からの入力などがあります(図4)。

図4:CSSプロパティの補完
図4:CSSプロパティの補完

 さらに、CSSのフォーマット機能も備えます(図5)。

図5:CSSのフォーマット
図5:CSSのフォーマット

 いくつかの機能は設定により有効と無効を切り替えられます。設定は、[拡張機能]-[CSS言語機能]-[CSS]を開きます。[CSS言語機能]には[CSS]の他に[LESS]と[SCSS(Sass)]がありますが(ともにCSSを生成する言語)、本稿では割愛します。表2に、主なビルトインCSS言語サポートの設定項目を挙げます。

表2:主なビルトインCSS言語サポートの設定項目
項目 デフォルト 概要
css.completion.completePropertyWithSemicolon true プロパティの最後にセミコロンを自動的に挿入するか
css.completion.triggerPropertyValueCompletion true プロパティ値の自動補完を有効にするか
css.format.enable true 既定のフォーマットを有効にするか
css.format.braceStyle collapse フォーマット時の中かっこ({)の位置(collapse:同一行、expand:改行)
css.hover.documentation true プロパティへのホバー時にドキュメントをポップアップ表示するか
css.hover.references true プロパティへのホバー時にMDN(Mozilla Developer Network)へのリンクを表示するか
css.validate true 検証を有効にするか

 html.format.*にはフォーマット関連の設定が、css.lint.*には検証関連の設定が、それぞれ多数あります。フォーマッタ関連には、例えば許容する空行の行数の指定、改行の挿入、空白文字の挿入などが、検証関連には例えばパラメータ数の不一致、重複するスタイルの指定、空のルールセットの検出など多数あります。どのような設定があるかは実際の設定項目を参照してください。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
HTMLページ表示のための拡張機能

この記事は参考になりましたか?

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開発用エディタのド定番「VSCode」を使いこなそう連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

WINGSプロジェクト 山内 直(WINGSプロジェクト ヤマウチ ナオ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook <個人紹介> WINGSプロジェクト所属のテクニカルライター。出版社を経てフリーランスとして独立。ライター、エディター、デベロッパー、講師業に従事。屋号は「たまデジ。」。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。主な著書に「独習シリーズ(Java・C#・Python・PHP・Ruby・JSP&サーブレットなど)」「速習シリーズ(ASP.NET Core・Vue.js・React・TypeScript・ECMAScript、Laravelなど)」「改訂3版JavaScript本格入門」「これからはじめるReact実践入門」「はじめてのAndroidアプリ開発 Kotlin編 」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/18066 2023/08/25 18:05

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング