SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Infragistics NetAdvantageチュートリアル(PR)

Infragistics Application Styling Framework - 3
ASP.NETへのさらなる進化

Infragistics NetAdvantageチュートリアル その11 - NetAdvantage AppStylist for ASP.NET

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタイルをWebサイトへ適用

 アプリケーション開発者はEnableAppStylingプロパティ設定によりASFの使用有無の制御や、WebPageStylerコントロールにより使用するスタイルセット名(StyleSetName)およびスタイルパス(StyleSetPath)の設定が可能です。アプリケーション全体への適用する場合は、Webサイトのweb.configファイルを使用します。

 この作業を簡素化するのが、NetAdvantage for .NET 2007 Volume 1以降で追加されたアプリケーションスタイリングコンフィギュレーションアドインfor Microsoft Visual Studio .NETです。Visual Studioの[ツール]-[アプリケーション スタイリング構成]メニューコマンドで、このアドインを起動できます。

  1. スタイルセットの名前やパス、ASFが有効かどうか、そして画像ファイルが保存される画像ディレクトリをオーバーライド可能かどうかなどのASF構成情報を「web.config」ファイルへ出力します。
  2. Webアプリケーションプロジェクト(またはWebサイト)へスタイルセットコンテンツをインポートします。AppStylist for ASP.NETでは、フォルダベースのスタイルライブラリ構成のため、複数のCSSおよび画像ファイルをインポートする必要がありますが、この機能を用いることにより、管理が容易となります。
図6 - アプリケーションスタイリングコンフィギュレーション
図6 - アプリケーションスタイリングコンフィギュレーション
図7 - スタイルライブラリからスタイルセットファイルをWebアプリケーションにインポートできる。
図7 - スタイルライブラリからスタイルセットファイルをWebアプリケーションにインポートできる。

まとめ

 今回はASP.NET用デザインツールとして、AppStylist for ASP.NETの解説を行いました。CSSを使用し、かつ、デザイナがコードを意識することなく、スタイリングできるようになります。

 さて、3回にわたってApplication Styling Framework(ASF)について解説してきました。デザイナとデベロッパーの協業を実現するだけでなく、ユーザーエクスペリエンス(UX)向上の一環としてのスタイルデザインを可能にする素晴らしいツールです。スタイリングはWPFやSilverlight 2だけでなく、Windows Forms、ASP.NETにおいてもまだまだ向上の余地があります。ぜひ、一度それぞれのAppStylistを使用してみてください。

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Infragistics NetAdvantageチュートリアル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

インフラジスティックス・ジャパン株式会社 池原 大然(イケハラ ダイゼン)

国内ベンチャー企業にて.NETエンジニアとして開発に従事、2007年インフラジスティックス・ジャパンに入社。現在デベロッパー エバンジェリストとして、.NETやWPF/Silverlight製品や技術の啓蒙活動を行う。Microsoft MVP for Client App Dev 2010/04 ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/3205 2008/10/29 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング