Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

FileMaker Serverと基幹システムとの連携(後編)

ITエンジニアのためのFileMaker講座 第9回(後編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/12/22 16:10

 本連載では、リレー連載の形式で「FileMaker Pro」というデータベースソフトウェアを紹介します。連載9回目の後編では、スクリプトによる自動処理、Web公開、データ連携のケーススタディなどについて紹介します。

目次

 前編では、FileMaker Serverが企業の基幹システムと連携する際に気になりがちな点として、セキュリティやアカウント認証などについて触れました。後編では、スクリプトによる自動処理、Web公開、データ連携のケーススタディなどについて紹介します。

サーバーサイドスクリプトの威力

 FileMaker Serverは、クライアントマシンを介さずにサーバー単体でスクリプトを実行する機能を持っており、またそれらをスケジュール化して定期的に実行することもできます。FileMaker Serverが実行することができるスクリプトは、以下のものです。

  • 自身が公開しているFileMaker ProデータベースファイルのFileMakerスクリプト
  • サーバーマシン上の「Script」フォルダに置かれたシステムレベルスクリプト(※1)
※1

 「システムレベルスクリプト」とは、直接的にはWin環境ならDOSのバッチファイル、Mac OS環境ならShellスクリプトを指します。実際には、これらのスクリプトから実行可能なあらゆる言語のプログラム(Ruby、Perl、C、Javaなど)を実行可能であると考えて良いでしょう。

 FileMaker Proクライアント上でスクリプトを実行する際には、何らかのユーザ操作を必要としますが、サーバーサイドでは「バックグラウンド」で「定期的」に実行されるというところに大きな違いがあります。また、サーバーサイドでのスクリプト実行スケジュールでは、ひとつのスケジュール内で「システムレベルスクリプトを実行 ⇒ FileMakerスクリプトを実行 ⇒ システムレベルスクリプトを実行」といったように、外部のデータをFileMaker Proに取り込んで利用する、あるいはFileMaker Proのデータを外部に書き出して受け渡すといった利用を想定したような組み合わせも可能です。

 さらに、FileMaker Serverはコマンドラインによるインターフェイスも持っているため、FileMaker Serverのスケジュール自体をシステムレベルスクリプト(あるいは全く別の要因によりキックされた任意のプログラム)からオンデマンドで実行するといった利用の仕方も考えられます。

 利用されるケースとしては、例えば次のようなものが挙げられます。

  • 顧客への定期的あるいは何らかのステータス変更をトリガとしたメール送信
  • ○月○日時点での統計データの作成および別テーブルへの書き込み
  • 外部の基幹システムとのデータ連携の自動化
    など

 つまり、「クライアントが直接的に操作したいもの以外」のあらゆる処理を任せることができます。さらに、サーバ自身や公開しているファイルの健康状態をチェックして、問題があれば管理者にメールを送信する、といったこともこのサーバサイドスクリプトで可能でしょう。

サーバーサイドスクリプトで利用可能なスクリプトステップ
サーバーサイドスクリプトで利用可能なスクリプトステップ

FileMaker Server のWeb公開

 FileMaker Proは、データベースサーバーにWeb公開のエンジンが組み込まれており、これを利用することによって、普段の業務に利用しているデータベースから、あるいはWeb用のデータベースを追加し、Web公開することも可能です。これについては、ここではあまり多くは触れませんが、「学術論文、審査、編集、Web公開システム」のケーススタディのシステム構成図を掲載いたしますので、サーバー構成例としてご参考下さい。

Web公開サーバー構成例
Web公開サーバー構成例

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 蜷川 晋(ニナガワ シン)

    株式会社スプラッシュ 代表取締役社長。大手コンピュータ会社にてシステムエンジニアとしてリレーショナルデータベースの設計に携わり、Java、ORB、Webアプリケーション等様々な環境での開発・実務経験を持つ。1999年に、UnixベースのMac OS Xがリリースされたことを機に、株式会社スプラッシュ...

バックナンバー

連載:ITエンジニアのためのFileMaker講座

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5