Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

基幹データベースのサブシステムとしてのFileMaker

ITエンジニアのためのFileMaker講座 第10回(後編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/03/23 14:00

目次

基幹システムのデータの補足情報をFileMaker側で保持

 次は、基幹システムにフィールド項目を追加したくても、すぐに対応できない時の対処方法です。

 例えば、非定型のメモ情報として顧客に対する「備考」欄が必要なのに、基幹システムに追加するには時間がかかり、対応のピーク時には間に合わないといったケースを想定してみましょう。

 こういう時は、基幹システムの顧客テーブルに対して、FileMakerに備考用のテーブルを追加して、リレーションを経由してFileMakerテーブルに情報を保管するようにします。

 ポイントは、リレーション条件で、FileMakerテーブル側の[このリレーションシップを使用して、このテーブルでのレコードの作成を許可]、[他のテーブルでレコードが削除された時、このテーブルの関連レコードを削除]オプションをオンにすることです。この設定で、備考欄を記入するとFileMakerテーブルに自動的にレコードが作成され、FileMaker上で親レコードが削除されると関連する備考レコードも削除されるようになります。

 追加したFileMakerテーブルをレイアウトに配置します。サンプル画面では分かりやすいようブロック分けをしましたが、普通に配置すれば、エンドユーザがどこのデータベースに格納されているかを意識することはありません。

 新しいフィールド項目や機能を基幹システムに反映するためには、格納される情報の内容や業務フローなどを詰めておく必要があります。一旦、FileMakerで運用することで緊急対応ができるだけでなく、基幹システムに機能を盛り込む際の仕様確認を兼ねることもできます。

FileMaker外部のデータベースと連係するポイント

 ESSはSQLを書かずに使えるというメリットがある反面、SQLの記述によるチューニングを行なうことができないというデメリットもあります。速度やネットワークトラフィック面でシビアな要件がある場合は、事前にテストなどを通じて検証を行なう方が良いでしょう。

 FileMakerの外部とのデータ交換方法としては、ESS以外に、テキストのインポート/エクスポート、ODBCインポート/[SQLを実行]スクリプト、ODBC/JDBCアクセス、XMLやPHPを経由したWeb APIといった他の手段もあります。ESSで満たせない要件がある場合には、それらを検討すると良いでしょう。

 運用上の注意としては、基幹システムとFileMakerの役割分担を明確にしておくことです。IT部署に頼まなくてもできるからと、何でもFileMakerで実装して、無管理状態になることは決して良いことではありません。エンドユーザがシステム作りにのめり込んでしまっては、本業がおろそかになりますし、作成者個人の主観や好みが強く出過ぎてしまう弊害もあります。

 また、FileMakerが扱いやすいからといって、管理者権限でファイルを公開して、誰でも変更ができるようにはしないことです。FileMakerはアカウントごとに詳細なセキュティ設定が可能ですので、部署や個人によって、何を任せて、何を制限するのかを決めておくようにしてください。データベースを共有するには、道具に関係なく、ある程度の運用ルールは必要です。

まとめ

 2回にわたって紹介した記事は、Webアプリケーション、基幹システムの不得手とする部分を、帳票作成や柔軟性で優位性のあるFileMakerと連携させることで解決を試みたものです。

 今でも、技術のトレンドや製品ブランドでシステム環境の採否を判断する傾向が残っていますが、技術やブランドそのものがビジネスの生産性を高めてくれるわけではありません。自分たちの必要とするニーズを理解して、ソフトウェアも適材適所に用いることが重要です。

 経済状況の展望が不透明な現在、現場で柔軟に対応することができるシステムを持つ組織は、そうでない組織に比べて大きな優位性を持つことができるでしょう。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 木下 雄一朗(キノシタ ユウイチロウ)

    株式会社キー・プランニング 代表取締役。 コンサルティング会社勤務を経て、ソフトウェア開発会社キー・プランニングを設立。もと尺八演奏家という異色の開発者。クライアントの本当のニーズを見極めたコンサルティング、システム開発を提供することをポリシーに日々奮戦中。FileMaker 9 Certifie...

バックナンバー

連載:ITエンジニアのためのFileMaker講座

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5