Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PHPとFileMaker ProによるWebアプリケーション構築(実装編)

ITエンジニアのためのFileMaker講座 第11回(後編)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/05/07 14:00
目次

簡易CMSの作成

 それでは、先の説明に基づいて簡単なCMSを作ってみましょう。

 このサンプルは「日記」「ご案内」「お客様の声」というカテゴリごとにそれぞれタイトルと記事を登録・削除でき、画面左のサイドナビをクリックすると該当するカテゴリの記事が絞り込まれて表示される仕組みです。

CMSの完成イメージ
CMSの完成イメージ

準備編

 まずは、FileMakerのデータと、PHPのラフデザインを用意します。詳細はサンプルソース(samplecms.zip)をダウンロードして確認してください。

FileMakerのデータ
FileMakerのデータ
PHPのラフデザイン
PHPのラフデザイン

 FileMakerおよびPHPスクリプトでは説明の都合上、XSSなどのセキュリティ対策は割愛していますので、このサンプルをカスタマイズして一般公開する場合は、その点を十分配慮してご利用ください。

 登録されているデータは以下の通りです

日付, タイトル, カテゴリ, コメント, シリアル番号

 GET形式で受け取るパラメータ「c」を使い「カテゴリの絞り込み」を行います。例えば「samplecms.php?c=日記」とすると日記カテゴリを絞り込んだ値だけが表示されます。

 GET形式で受け取るパラメータ「action」の値「delete」と「serial」の値で「データの削除」を行います。「action」の値が「delete」ならば削除処理を開始します。「serial」の値はFilemakerのserialフィールドの値のことで、削除対象のデータを表します。例えば、「samplecms.php?action=delete&serial=1」とするとserialフィールドが「1」のレコードを削除します。

 POST形式で受け取るパラメータ「category」「title」「comment」と、「action」の値「regist」の組み合わせで記事を登録します。

記事の登録画面
記事の登録画面

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 岡田 匡(オカダ マサシ)

    岐阜県大垣市のソフトピアジャパンと名古屋市に拠点を置く、WebシステムとFileMakerソリューション開発の会社、株式会社ワークスペースの代表取締役。1998年にCGIプログラミングでショッピングカートシステムを初めて開発。2001年にショッピングカートと連携するネット通販の受注管理システムを手掛...

バックナンバー

連載:ITエンジニアのためのFileMaker講座

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5