Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Delphiで始めるスマートフォンアプリ開発

ドラッグ&ドロップのビジュアル操作で簡単モバイルアプリ開発

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/03/08 18:00

 Delphi XE2では、従来のWindowsだけでなく、Mac OS Xへのクロス開発がサポートされました。開発環境はWindowsですが、Mac OS X上で動作するネイティブアプリ、iPhone、iPadで動作するiOSアプリのクロス開発が行えるようになりました。この記事では、XE2からサポートされたiOSアプリの開発手順について紹介します。

目次

はじめに

 2011年9月に、Windows向けのビジュアル開発ツールとして定評のある「Delphi」の新しいバージョン「XE2」がリリースされました。

 XE2では、従来のWindowsだけでなく、Mac OS Xへのクロス開発がサポートされました。開発環境はWindowsですが、Mac OS X上で動作するネイティブアプリ、iPhone、iPadで動作するiOSアプリのクロス開発が行えるようになったのです。

図1 - Delphi XE2によるiOS向けアプリの開発

 Delphi XE2によるiOS向けアプリの開発

 「DelphiといえばWindows向け」という常識が変わった現在、この新しいクロス開発の注目度が増しています。そこでこの記事では、XE2からサポートされたiOSアプリの開発手順について紹介してみようと思います。

 DelphiでのiOS開発の大まかな流れは次のようになります。

  1. Windows上のDelphi XE2でiOSアプリを作成
  2. コンバートツールを使用してXcodeにコンバート
  3. コンバートされたコードも含めてMac上へ移動
  4. Mac OS X上で、Xcodeでコンバートされたプロジェクトをビルド、実行

 これだけです。

 まず iOS開発を行うための環境のセットアップについて説明します。

 Windows側は、

  • Delphi XE2のインストール
  • Delphi XE2でXcodeへのコンバートツールを実行するためのセットアップ

の2つです。

 Mac側の環境セットアップですが

  • Apple Developerに登録とXcodeの入手
  • Xcodeのインストール
  • Free Pascalのインストール

となります。

 それでは、一つずつ順を追って説明していきましょう。

セットアップ - 開発を始める前に

Windows側の設定

 Delphi XE2の動作環境は以下のとおりです。

  • Microsoft Windows 7(32-bitおよび64-bit)
  • Microsoft Windows Vista SP2(32-bitおよび64-bit)管理者権限が必要
  • Microsoft Windows XP Home、またはProfessional(32-bitおよび64-bit)SP2、または SP3
  • Microsoft Windows Server 2003 SP1、または2008(32-bit および64-bit)

 メモリは2GB以上を推奨、Delphi XE2のEditionにより、3~7GBのディスクの空き容量が必要です。また、iOS開発をサポートしているのはProfessional版以上で、廉価版であるStarter版ではiOS向けの開発はできませんので注意が必要です。

 Delphi XE2をインストールし、使用許諾を完了させると、IDEが起動します(図2)。

図2 - Delphi XE2のIDE

 Delphi XE2のIDE

 まず、Xcodeへのコンバートツールを実行するためのセットアップを行います。

  1. Xcodeへのコンバートツールは、dpr2xcode.exeという実行ファイルで、デフォルトでDelphi XE2をインストールした\binフォルダ内にあります。この実行ファイルをメニューから簡単に実行できるように設定を行います。
  2. IDEのメニューから[ツール]-[ツールの構成...]を選択します。
  3. ツールオプションのダイアログが表示されますので、[追加]ボタンを押します。
  4. ツールプロパティの画面が開きますので、以下のように入力し[OK]ボタンを押します(図3)。
項目
タイトル Xcode Export
プログラム dpr2xcode.exe
作業ディレクトリ 空白のまま
実行時引数 $PROJECT
図3 - ツールオプションプロパティの設定

 ツールオプションプロパティの設定

 この作業によりIDEのメニューから[ツール]メニューを開いた際に、"Xcode Export"というメニュー項目を簡単に実行できます(図4)。

図4 - ツールメニューでのXcode Exportの実行

  ツールメニューでのXcode Exportの実行

 Windows側の準備は以上です。

Mac側の設定

 iOS開発を行うにはXcodeの入手が必要となります。Xcodeをダウンロードして使用するには、Apple Developerに登録します。Apple Developerへの登録は以下のサイトから行います。

 ここで気を付けていただきたいのは、現在DelphiがサポートしているXcodeのバージョンです。

  • Snow Leopard:iOS SDK 4.2、または4.3および互換性のあるバージョンのXcode
  • Lion:iOS SDK 4.3および互換性のあるバージョンのXcode

 こちらを入手してMac上にインストールします。現在、XE2のUpdate4がリリースされており、Update4で提供されるiOS開発環境はXcode 4.2と互換になっていますので、Xcode 4.2を入手するのがベターです。

 また、Xcode 4.2にはiOS 5.0 SDKが含まれていますが、この後でインストールする FireMonkeyのiOS ツール(Free Pascalなど)ではiOS 5の新しい機能はサポートされておりません。しかし、Delphiで作成したアプリはiOS 5が動作するデバイスに配置し動作可能です。なお執筆時点では、FireMonkeyのiOSツールは、iOS 5.0 SDKのみが含まれるXcode 4.3には対応しておらず、インストールできません。

 Xcodeのインストールが終わったら、WindowsにインストールしたDelphiのFireMonkey-iOSフォルダにあるFireMonkey-iOS.dmgをMac側にコピーします(Delphi XE2をインストールしたFireMonkey-iOSフォルダ内にあります)。

 Mac上でFireMonkey-iOS.dmgを開き、次の2つのインストーラパッケージを実行します。

  • fpc-2.4.4.intel-macosx.pkg
  • FireMonkey-iOS-XE2.pkg

 この2つのインストーラパッケージは、以下の操作を実行します。

  • Free Pascal 2.4.4を/usr/local/にインストール
  • Free Pascal 2.5.1ソースを/Developer/Embarcadero/fpc/にコピー
  • アプリケーションに必要なFMIソースを/Developer/Embarcadero/fmi/にコピー
  • Free Pascal 2.5.1をビルドし、/usr/local/にインストール
  • 必須iOS SDKヘッダーを生成、ビルドし、/Developer/Embarcadero/fpc/にインストール

 ここでFMIソースを/Developer/Embarcadero/fmi以外の場所にインストールした場合は、Windows側で設定したXcodeへのエクスポートツールの設定の「実行時引数」の部分を次のように設定します。

-fmi=/<FMI ソースの場所> $PROJECT

 Mac側の準備は以上です。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2012/03/30 11:29 誤字修正 iSO -> iOS

著者プロフィール

  • EDN編集部(イーディーエヌ編集部)

    エンバカデロ・デベロッパーネットワーク(EDN)は、ソフトウェア開発者とデータベース技術者のための技術情報サイトです。Delphi、C++Builderをはじめとする開発ツールやER/Studioなどのデータベースツールに関連する技術記事、ビデオなどを提供しています。EDN編集部は、EDN記事と連携...

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5