Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【デブサミ2012】17-A-1 レポート
Jenkins開発者が語った、これからの「継続的インテグレーション」の姿

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/03/30 14:00

 本稿では、「Developers Summit 2012」(デブサミ2012)において、2月17日に行われたJCloudBees, Inc. アーキテクト/Jenkinsプロジェクト 川口 耕介氏によるセッション「Continuous DeliveryとJenkinsアブストラクト」の内容を紹介する。

目次
JCloudBees, Inc. アーキテクト 川口 耕介氏
JCloudBees, Inc. アーキテクト 川口 耕介氏

今後の情報処理分野のトレンドと、Jenkinsの方向性

 2012年、翔泳社主催で開催された「Developers Summit」。今回、開発プロセスに関するトラックが設けられ、イベント全体のサブタイトルでもある「10年後も世界で通じるエンジニアであるために」というテーマにおいて、必要な開発現場、開発プロセスの変革に関するセッションが多数実施された。

 2月17日には、CI(継続的インテグレーション)ツールとして人気の高い「Jenkins」の開発者兼プロジェクトリーダーである川口耕介氏が「Continuous DeliveryとJenkinsアブストラクト」と題し、今後の情報処理分野におけるトレンドを見据えつつ、Jenkinsがどのような方向性を目指しているのかについて解説を行った。

 川口氏は冒頭、自身が手がけるJenkinsに関して、開発のスタート時から7年ほどにわたって継続的に関わってきたことに触れ「自分の娘よりも長い」付き合いになると述べた。OSSのCIサーバとしてポピュラーなプロダクトとなったJenkinsだが、プロジェクトで把握しているインストールベースは2012年2月時点で3万1,000件以上であり、ユーザー数に換算すると50万人以上に使われているのではないかと推測している。

 Jenkinsが評価されている理由として、川口氏は「使用方法が簡単」「プラグインによる機能拡張が容易」である点を挙げた。さまざまな機能をJenkinsに追加できるプラグインについては、既に450以上が公開されており、現在もその数を増やしているという。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 柴田 克己(シバタ カツミ)

    フリーのライター・編集者。1995年に「PC WEEK日本版」の編集記者としてIT業界入り。以後、インターネット情報誌、ゲーム誌、ビジネス誌、ZDNet Japan、CNET Japanといったウェブメディアなどの製作に携わり、現在に至る。 現在、プログラミングは趣味レベルでたしなむ。最近書いてい...

バックナンバー

連載:【デブサミ2012】セッションレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5