SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

あらゆるソフトウェア開発者のサポートを目指す開発ツール「Visual Studio 2015」特集(AD)

ASP.NET 5+AngularJSでトレンドなSPAアプリを開発しよう!

あらゆるソフトウェア開発者のサポートを目指す開発ツール「Visual Studio 2015」特集 第4回

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クライアントサイド開発のためのパッケージ管理ツール「Bower」

 Bowerは、パッケージ管理ツールの一種で、ライブラリの依存性を解決しつつ、パッケージのインストール/アンインストールを自動化します。パッケージ管理ツールというと、NuGet(.NET Framework)、そして、先ほども登場したnpm(Node.js)がありますが、ASP.NET 5では、それぞれを目的に応じて使い分けるのが基本です。

パッケージ管理ツールの使い分け
パッケージ管理ツール 目的
Bower クライアントサイド開発のためのライブラリ
npm クライアントサイド開発のためのツール類(Grunt、Jasmineなど)
NuGet サーバーサイド開発のためのライブラリ/ツール

 以前のASP.NETでは、NuGetでJavaScriptライブラリも管理していましたが、ASP.NET 5では、JavaScript界隈でより一般的に使われているBowerを利用することになります。

 具体的な例として、以下ではBowerを利用して、JavaScriptフレームワークであるAngularJSをインストールしてみます。

[1]bower.jsonを準備する

 npmでのpackage.jsonに相当するのが、bower.jsonです。[新しい項目の追加]ダイアログから「Bower 構成ファイル」を選択し、新規に作成してください。bower.jsonの骨組みが生成されますので、以下のようにインストールすべきパッケージを「パッケージ名: バージョン番号」の形式で列挙します。実際に入力してみれば、先ほどと同じようにパッケージ名/番号に対して、インテリセンスが働くことが確認できるはずです。

リスト3 bower.json
{
  "name": "ASP.NET",
  "private": true,
  "dependencies": {
    "angular": "~1.4.3"
  }
}

[2]パッケージをインストールする

 npmの時と同じく、登録されたパッケージは/依存関係/Bowerフォルダーに反映され、bower.jsonが保存されたタイミングでインストールされます。

インストール済みのパッケージを確認
インストール済みのパッケージを確認

 パッケージの実体は、プロジェクトルート配下の/wwwroot/libフォルダーです。インストールしたパッケージ名に応じてフォルダーができており(ここでは/angularフォルダー)、その配下にライブラリファイルが配置されていることが確認できます。

ライブラリの実体は/libフォルダーに保存
ライブラリの実体は/libフォルダーに保存

NuGetパッケージの管理

 npmのpackage.json、Bowerのbower.jsonと同じく、NuGetパッケージはproject.jsonで管理します。本稿のサンプルアプリを開くと、project.jsonのdependenciesキーには、Microsoft.AspNet.Mvc/EntityFramework.SqlServerをはじめ、いくつかのパッケージが登録されていることが確認できるはずです。

project.jsonの中身
project.jsonの中身

 project.jsonでは、NuGetパッケージのほか、アプリの実行に関わる諸情報全般を管理します。例えば、アプリの公開フォルダーを変更するならば、webrootキーを編集してください。ASP.NET 5では、従来のweb.configのようなXML形式の設定ファイルがなくなり、代わりにJSON形式のファイルを中心に使われるようになっているのも大きな特徴です。

次のページ
JavaScriptフレームワークのデファクトスタンダード「AngularJS」

この記事は参考になりましたか?

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あらゆるソフトウェア開発者のサポートを目指す開発ツール「Visual Studio 2015」特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。主な著書に「独習シリーズ(Java・C#・Python・PHP・Ruby・JSP&サーブレットなど)」「速習シリーズ(ASP.NET Core・Vue.js・React・TypeScript・ECMAScript、Laravelなど)」「改訂3版JavaScript本格入門」「これからはじめるReact実践入門」「はじめてのAndroidアプリ開発 Kotlin編 」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト(ウイングスプロジェクト)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/8891 2015/08/17 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング