Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

フロントエンドの責任者は沖縄在住? ストレスフリーな環境で東京と全く変わらないチャレンジが可能なユミルリンク

ユミルリンク フロントエンドエンジニア 田口和樹さん

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/01/16 14:00

目次

ストレスフリーな環境で「人としての感覚」も敏感でいたいエンジニアには沖縄の空気がピッタリ

 フロントエンドエンジニアチームの人数が増えてきたら、新しいことにもどんどん取り組んでいきたいと田口さんは意気込む。

 「フロントエンド界隈は移り変わりが激しすぎるため、企業向けサービスには、オープンソースのフレームワークを採用しづらい現状にあります。フレームワークの不具合やアップデート、制限に振り回されないように、フレームワークを自社で開発できるような高い技術力を持ちたいですね」

 もともとユミルリンクでは、「Erlang性能分析ツール」を自社開発したり、PerlのWebアプリケーションフレームワーク「TripletaiL」をオープンソースで公開していたりと、自社フレームワーク開発に積極的だ。この文化をフロントエンドチームにも取り入れていきたいのだという。

 Cuenoteシリーズの画面の改善からフレームワークの開発まで、さまざまなフロントエンドの最適化に挑戦できるチームだ。確かに、それらを一通り経験したら、フロントエンドエンジニアとしては高いレベルの技術力と知見を獲得することができるだろう。

 「エンジニアが増えたら、ぜひフロントエンドテストの自動化にも取り組んでいきたいですね。例えば、GebやSpockなどのキーワードにピピッと来るような、テスト関連の経験や興味がある方も大歓迎です」

 とはいえ、「経験やスキルよりも、志向や興味が大切」と田口さん。そんな田口さんがユミルリンクのフロントエンドエンジニアに求める要件とは「エンジニア志向ではあるが、デザインやフロントエンド開発にも興味があること」とだという。そして、なんといっても沖縄移住に関心があること。

 「おそらくそうした人は『人としての感覚』に敏感でいたいだろうし、プライベートも大切にする人なのではないかと思います。となれば、絶対に沖縄の空気は合うのではないでしょうか。沖縄の中でも北谷は外国人も多く、よそから来た人をオープンに受け入れてくれる。子育てにも寛容で、子どもをのびのび育てられるのもすばらしいところですね。自然も多いので、休日にすることにも事欠きませんし」

 その言葉を裏付けるように、田口さんの沖縄生活はついに11年目を迎えた。「いろんな地域を旅するように暮らしていきたかったはずなのに、沖縄はついつい居心地がよくて、そのまま住み続けてしまった」ということだが、もともと出身は山口県で沖縄には地縁も親戚もナシ。

 「実は、私も結婚前から東京を脱出したいとぼんやりとは考えてはいたんです。特に子どもは田舎で育てたいという希望があり、伊豆も候補に入れていたのですが、中途半端な離れ方では通勤できてしまう。いっそ通勤できないほど遠い方がいいんじゃないかと(笑)。そこで、妻の『南国に住みたい』という希望もあって沖縄へと移住しました。移住は怖くはなかったかって? いいえ、全然。『だめだったら、戻ればいいじゃん』と思っていましたから」

 常に東京とつながっていて、戻ろうと思えば戻れると考えれば、ほぼノーリスク。むしろ東京と同じ給与で、ストレスフリーな最高の環境で仕事ができる。プライベートも充実するとなれば、東京脱出を考えている人にとっては、またとないチャンスだろう。

 「インターネット企業で働いているのだから、沖縄だってどこだって仕事することができると私は強く思います。東京に本社があるユミルリンクなので、行った後に、沖縄が合わないと感じたら相談にも乗れますし。まずは軽い気持ちで、話を聞きに来てもらえたらなと思います」

ユミルリンクの開発現場や沖縄オフィスについて聞きたい方、一度遊びに来ませんか?

 ユミルリンクの沖縄オフィス勤務に少しでも興味を持った方、まずはオフィスに遊びに来てみませんか?少しでも興味を持った方は、ぜひ下記のフォームからお気軽にご応募ください!

 ユミルリンク沖縄オフィス様子や、田口さんについては下記のサイトでもっと詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 伊藤 真美(イトウ マミ)

    エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

バックナンバー

連載:キャリアインタビュー

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5