このコーナー(ComponentZine)では、コンポーネントを利用して、ソフトウェア の生産性や品質を向上させるための情報を紹介します。

記事

win

 ARは、スマホのカメラで周囲の風景を映すと、その風景にデジタル的な追加情報(ARオブジェクト)を付与して表示する表現方法です。その中でも「画像認識型AR」は、緯度経度ではなくスマホのカメラに映った画像に対してデジタル的な追加情報(ARオブジェクト)を付与して表示します。Wikitude SDKを使用するとターゲット画像の解析とARオブジェクトの表示を簡単に実現できます。

(04/13)

win

 ARは、スマホのカメラで周囲の風景を映すと、その風景にデジタル的な追加情報(ARオブジェクト)を付与して表示する表現方法です。このとき、どこに追加情報を表示するかの判断を緯度経度といったロケーションをベースとして判断するのが「ロケーションベース型AR」の特徴です。Wikitude SDKを使ってロケーションベース型ARアプリを作成すると、現在位置とARオブジェクトをSDKに渡すだけで、適切なAR表示が実現できます。今回は、その中のロケーションベース型ARについて、Wikitudeを使ってAndroidアプリを作成してみたいと思います。

(02/24)

win

 SF小説や漫画、アニメの中だけの世界だったAR(拡張現実)という言葉は、アプリの世界にも浸透してきました。これからのアプリ開発では、ARが必要になる場面も多くなってくると思います。しかしARアプリを作ろうと思うと「敷居は低いが高価な(もしくは価格が公開されていない)ツールキットを使って作成する」か「敷居は高いがOSSなどを使って作成する」かの選択しかありませんでした。

(12/07)

スポンサー情報

グレープシティ株式会社本社

グレープシティは「PowerTools」シリーズで知られるコンポーネントベンダーです。


1993年から .NET FrameworkやJava Platformに向け、品質の高いコンポーネントおよび開発支援ツールを提供し続けています。


グレープシティ製品は日本の業務に適したシステムを、より早く開発するためのソフトウェアです。エンドユーザーの利用しやすさ、 幅広いユーザー環境への対応、そして何よりプログラマの作業を軽減することを一番に目指しています。


最新情報はこちら