Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

アドバンスソフトウェア、Java環境から高速でExcelファイルを生成可能なコンポーネント「ExcelCreator for Java」を発売、サーバーやクラウド環境でも使用可能

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/22 12:00

 アドバンスソフトウェアは、Java EE/Java SE環境で作成したプログラム中からExcelファイルを生成することができるコンポーネント、「ExcelCreator for Java」を2月22日に発売した。

 「ExcelCreator」は従来より.NET環境向けの製品が販売されている。

 「ExcelCreator for Java」の実行環境にはExcelのインストールが不要で、独自の技術を用いてファイルの生成を行う。また、WindowsやLinuxのサーバー、クラウド上のJava EE環境で入力、抽出されたデータからExcelファイルを作成してクライアントに配信することも可能となっている。

 本製品は高速に処理を行うことができる。例えば、100万セル(10000行×100列)にランダムな数値データを書き込むのにかかる時間はおよそ4秒となっている(Windows 10 Ultimate 64bit、Core i7 3.4Ghz、Memory 16GB)。また、非常にシンプルなコードで実装することができる。

 Excelファイルの新規作成だけでなく、上書き保存やファイル読み込みにも対応している。他には、Excelであらかじめ罫線などの枠組み(テンプレート)を設定したファイルに対してデータだけを設定するオーバレイ機能も兼ね備えている。もちろん、本製品だけで罫線/背景色/書式などを設定、図やシェイプの挿入を行うことも可能。また、シートの追加/削除や、行や列の挿入/削除やコピーにも対応している。

 対応OSは、Windows 7(SP1以上)/8/8.1/10、Windows Server 2008(SP2以上)/2008 R2(SP1以上)/2012/2012 R2/2016、CentOS、Ubuntu。対応Java環境は、32bit VM JDK7.0/8.0、64bit VM JDK7.0/8.0。対応するExcelのバージョンは、Excel 2007/2010/2013/2016となっている。

 価格は1クライアント開発ライセンス4万3200円(税込み)で、本製品を組み込んで開発したアプリケーションをサーバーに配置して使用する場合は別途サーバーライセンスが必要となる。サーバーライセンスは1サーバーあたり12万9600円(税込み)。

【関連リンク】
アドバンスソフトウェア
ExcelCreator for Java
ニュースリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5